【ポケモン剣盾】デスバーンの育成論と対策【呪呪呪呪怨念系起点作成】

【ポケモン剣盾】デスバーンの育成論と対策【呪呪呪呪】

【ポケモン剣盾】デスバーンの育成論と対策【呪呪呪呪怨念系起点作成】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回はデスバーンの育成論と対策を考えていきたいと思います。

何を隠そう最初のランクバトルで育てて使ってたポケモンの1体はこのデスバーンでした。

デスバーンの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

デスバーンの基本ステータス

【デスバーンの特徴1】物理よりのガラルデスカーン

デスバーンはデスカーンのガラルバージョンといった感じで、デスカーンが特殊よりなのに対してデスバーンは物理よりのステータスになっています。

デスカーンのような鬼火祟り目型が使えない代わりに地震やゴーストダイブが使えます。

また、防御種族値が145とかなり高いのでボディプレスも強力な技の1つになるでしょう。

【デスバーンの特徴2】鈍足と多めの弱点

デスバーンはS30族とカビゴンと同速の鈍足ポケモンの1体です。

ミミッキュやドラパルトといった強力なゴーストポケモンがいる関係で上から弱点がつかれやすいところがネックになりやすいです。

【デスバーンの特徴3】トリッキーな変化技使い

デスバーンはかなり豊富な変化技を覚えます。

よく使われるものだけでも

  • トリック
  • トリックルーム
  • ステルスロック
  • のろい
  • みちずれ
  • おにび
  • ちょうはつ
  • おきみやげ
  • てっぺき

といった技を覚えます。

トリック・ステルスロック・おきみやげをすべて使えるのはデスバーンくらいなので、これらを活用した戦いをしたい場合に重宝するでしょう。

【デスバーンの特徴4】特性:さまようたましい

デスバーンの特性さまようたましいは接触技をしてきた相手の特性を入れ替えるもので、受け出しして無力化したり初見相手に使ってみたりというのが主な活用先でしょう。

デスバーンの育成論と戦い方

デスバーンは初期はいろいろな型を見かけましたが最近ではサポート型が主な型ではないでしょうか。

僕は昔トリックルームおきみやげデスバーンを使ってました。

【デスバーンの育成論】怨念を残して去るデスバーン

  • 性格:わんぱく(ぼうぎょ↑とくこう↓)
  • 特性:さまようたましい
  • 個体値:C抜け5V
  • 努力値:HB252/D4
  • もちもの:オボンのみ
  • わざ:ステルスロック・のろい・おきみやげ・ボディプレス

特徴
基本ムーブは初手に投げて
ステルスロック→呪いor置き土産で退場
という動きです。

デスバーンは怨念を残して後続のエースで刈り取りましょう。

相手の火力が低く居座れる場合は、退場前にさらにボディプレスを挟んで削っていくといいでしょう。

調整
■H252
耐久ぶっぱ

■わんぱくB252/D4
ボディプレスを採用しているのでぶっぱ。
ただし特防にほぼ振っていないため特殊相手には少し弱いので、あまりボディプレスを使う機会がなければBを多少削ってDに振り、全方面バランス良く起点作成ができるようにするのもあり。

もちもの
■オボンのみ
最低2回は相手の攻撃を耐えてステルスロック+αの仕事をする必要があるので、確定数をずらすオボンのみ

わざ
■ステルスロック
起点作成といえばこちら。

■呪い・置き土産
相手によって打ち分ける自主退場技
要塞化していきそうな場合は呪い、そうでない場合は置き土産といった感じでエースが積んでいく1ターンのスキを作りましょう。

■ボディプレス
唯一のメインウェポン
(挑発に非常に弱くなるものの)鬼火を採用するなどall変化技にするのもあり。

デスバーンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。

デスバーンの対策

高い物理耐久と変化技には注意しましょう。

あまり見かけるポケモンではないのでピンポイントの対策は不要ですが、カバルドンに及ばないものの近い物理耐久指数を持っている上に鬼火も使ってくるので物理アタッカーで攻める場合は注意しましょう。

あまり手こずっているとステルスロック・鬼火・呪い・置き土産といった起点作成を思う存分やられてばっちり後ろに控えているエースに蹂躙されてしまいます。

マジックミラーで跳ね返したり挑発が有効です。

ブリムオンやエーフィの特性マジックミラーでデスバーンのステルスロックなどを跳ね返したり、そもそも変化技が多いポケモンなので挑発をうってしうことで交代を強制するのもおすすめの対策です。

まとめ:【ポケモン剣盾】デスバーンの育成論と対策【呪呪呪呪怨念系起点作成】

いかがでしたでしょうか。

怨念系起点作成ポケモンデスバーンは他のポケモンにはできない起点作成をできるので、パーティによってはデスバーンでなければならないこともあるでしょう。

進化方法がめんどくさくて育てていないトレーナーも多いと思いますが、せっかくなので育ててみてはいかがでしょうか。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

よかったら暇つぶしにこちらの記事もどうぞ!
【ポケモン剣盾考察】デスバーン・デスマスの進化方法と意味【ネタバレ・都市伝説】

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
ゲーマーに関わらず多くのYoutuber/プログラマーなど座り仕事が多い在宅ワーカーが使っています。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。