【ポケモン剣盾】デンチュラの育成論と対策【S操作型起点作成ポケモン】

【ポケモン剣盾】デンチュラの育成論と対策【S操作型起点作成ポケモン】

【ポケモン剣盾】デンチュラの育成論と対策【S操作型起点作成ポケモン】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回はS操作型の起点作成ポケモンのデンチュラについて育成論と対策を調べていきたいとおもいます。

デンチュラの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【デンチュラの特徴1】特性:ふくがん

デンチュラの特性の1つは命中率が1.3倍になるふくがんです。

でんじはやかみなり、エレキネットや鎧の孤島で出た新技のはいよるいちげきなどの命中不安技を安定して当てることができるのが強みです。

【デンチュラの特徴2】豊富なS操作技

デンチュラは全ポケモンの中でも多くのS操作技を覚えます。

  • でんじは:S半減
  • ねばねばネット:地面に接触している相手は交代のタイミングでS1段階ダウン
  • いとをはく:S2段階ダウン
  • エレキネット:S1段階ダウン

どの技も使いどころによって強力ですが、一般的に採用されやすいのはねばねばネットとでんじは、次いでエレキネットといった感じでしょうか。

いとをはくは電磁波無効のじめんタイプや電気タイプ相手ですね。

相手のSを下げられるので、中速ポケモンを中心に構築を組むときに役立つポケモンです。

ちなみにAダウンが狙える「とびかかる」Cダウンが狙える「はいよるいちげき」も使えるので、パーティにあった起点作成型が作りやすいです。

【デンチュラの特徴3】意外と高速のS108族

デンチュラは一見遅そうですが素早さ種族値108族というアイアントやアローラキュウコンより1だけ遅いくらいの高速ポケモンです。

耐久がないのできあいのタスキを持たせて採用することが多いですが、上を取れる相手であればねばねばネットで後続のSダウン+αの仕事ができるでしょう。

デンチュラの育成論と戦い方

アタッカー型も見かけますが、よくいるのはS操作起点作成型です。

【デンチュラの育成論】S操作型デンチュラ

  • 性格:おくびょう(すばやさ↑こうげき↓)
  • 特性:ふくがん
  • 個体値:A抜け5V
  • 努力値:CS252
  • もちもの:きあいのタスキ
  • わざ:ねばねばネット・でんじは・いとをはく・かみなり

特徴
基本ムーブは初手に出して
ねばねばネット+でんじはorいとをはくorかみなり
といった感じで、後続+目の前の相手のSダウンを狙うのが仕事です。

中速〜高速相手や、麻痺で行動停止狙いをする場合は電磁波
電磁波の効かない相手やラムのみ警戒にはいとをはく
電気弱点で大きく削れそうなときはかみなり

といったうちわけができるといいでしょう。

なお、Sが高い相手には初手ねばねばネットではなく電磁波やいとをはくから入れば、先制技・多段攻撃技を持たない限りは次のターンにねばねばネットもはることができます。

調整
■おくびょうS252
2回行動できる範囲を広げるためにぶっぱ

■C252
耐久はきあいのタスキで担保しているのでふる必要がなく、かみなりの火力UPのためぶっぱ

■あまり4
きあいのタスキなのでBかDに振っても振らなくてもOK

もちもの
■きあいのタスキ
初手起点作成ポケモンや紙耐久ポケモン安定の行動保証持ち物。
選出したらねばねばネットをまくのが最低限必要な行動です。

わざ
■ねばねばネット
相手のパーティに飛行タイプやふゆうがほとんどおらず、特にエースアタッカーと思われるポケモンが地面に足がついているポケモンであれば効果的なS操作技

■でんじは
言わずとしれたS操作+運ゲーの勝ち筋を作れる優秀な起点作成技

■いとをはく
でんじはは無効化してくるタイプのポケモンがいるので、それらに刺さるS操作技

■かみなり
メインウェポン
特攻種族値は高くないものの、かみなり自体の火力が高いのとタイプ一致なので弱点を突けば半分ちょっとくらいは削れる。
初手ギャラドス対面になったときなどにうつのはありでしょう。

起点作成デンチュラを紹介していたので貼っておきますね。

デンチュラの対策

地に足のついていないポケモンや鈍足ポケモンを選出するといいでしょう。

地面に足がついているポケモンはねばねばネットでSダウンさせられてしまい、相手の中速高火力(ウオノラゴンやハチマキヒヒダルマなど)に一方的に潰されてしまいかねません。

なのでねばねばネットを無効化できるポケモンを後続に置くのがいいでしょう。

もし地面に足のついているポケモンを選出する場合は、上から殴られる前提で高耐久の鈍足ポケモンを選出したり、初手に出してねばねばネットを回避するといいでしょう。

ドラパルト・チラチーノ・マニューラなどの高速多段攻撃ポケモンもおすすめです。

デンチュラは高速ですがきあいのタスキ型がほとんどで、上から多段攻撃で殴れるポケモンであれば何も仕事をさせずに無償突破できるでしょう。

ドラパルトのドラゴンアローだと0.4%という超低乱数1撃で落とせるか不安なので、こだわりハチマキや命の珠などの火力補正アイテムを持っている場合に限り対策として選出できます。

まとめ:【ポケモン剣盾】デンチュラの育成論と対策【S操作型起点作成ポケモン】

いかがでしたでしょうか。

デンチュラは個人的には見た目が結構好きなポケモンだったりします。

虫タイプのポケモンってなぜかカッコいいのが多いですよね。

ねばねばネットを使うポケモンは多くないので、デンチュラならではの構築も作れそうです。

面白そうだと思ったら育ててみてはいかがでしょうか。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
ゲーマーに関わらず多くのYoutuber/プログラマーなど座り仕事が多い在宅ワーカーが使っています。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。