【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【超火力で焼き尽くす最強獄炎龍】

2020年1月9日

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【超火力で焼き尽くす最強獄炎龍】

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【超火力で焼き尽くす最強獄炎龍】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回は初代御三家のうち唯一優遇された大人気ポケモン、リザードンについて育成論と対策を考えていきたいと思います。

リザードンの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【リザードンの特徴1】夢特性サンパワーによる超火力

リザードンはポケモン剣盾発売直後のランクマッチですぐに注目されたポケモンの1体です。

その理由がサンパワー+天候晴れ+タイプ一致による超火力。条件が揃えば炎わざが

サンパワー(1.5倍)×天候晴れ(1.5倍)×タイプ一致(1.5倍)=3.375倍

の威力が出ます。

もしいのちのたまをもたせたらみんな大嫌いなドヒドイデ(ほぼいませんがHDぶっぱの特殊耐久型の場合)も、「こうかいまひとつ」のはずのオーバーヒートのダイバーンで確定2発です。受けを許さない火力ですね。

【リザードンの特徴2】高速特殊アタッカー

リザードンは特攻種族値109、すばやさ種族値100という高速特殊アタッカーのステータスです。

ガラル地方は鈍足が多いので比較的速い部類ではあるもの、最上位というわけではなく、特攻もすさまじく高いわけではありません。

そのため、素の能力はそこまで強力ではありません。

前述した夢特性のサンパワー+晴れ+タイプ一致かつ、環境的に強力な物理アタッカーが多く、物理受けポケモン(ぼうぎょに努力値を振っている)が多いことから実質的なダメージは物理のそれ以上になっていることから、強力なポケモンになっています。

リザードンを使う場合は夢特性+ダイマックス前提で選出しましょう。

ちなみに攻撃種族値84となっており、物理型リザードンも育成しようと思えばこうげきに努力値をぶっぱ+持ち物を工夫することで戦えるレベルになります。(物理受けが多いのであまり刺さることはないと思いますが、特殊受けポケモンが環境に増えてきたら可能性はあるでしょう。)

はらだいこリザードンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。

【リザードンの特徴3】半減タイプは7タイプ

リザードンは半減以下で受けられるタイプが7タイプあるので強力なタイプ受けができるかと思いきや、その内訳を見てみると

  • ほのお
  • はがね
  • フェアリー
  • かくとう
  • むし
  • くさ
  • じめん

で、虫&草はほとんど環境に存在しないので、実質意味のあるのは5タイプほどです。

なのであまりタイプ受け性能は高くないでしょう。(もちろんHBぶっぱみたいな特別な育成をしたリザードンは耐久が高くなりますが、それなら他のポケモンがいるので)

【リザードンの特徴4】紙耐久

高速アタッカーにありがちですが、リザードンも例にもれず紙耐久です。

そのうえ夢特性のサンパワーでゴリゴリHPが削られますし、いのちのたまを持たせたりしたらさらに凄まじい勢いで耐久が削られていきます。

リザードンを出すときの注意点は、ダイマックスした3ターンを枯らされないようなタイミングでダイマックスを切り、ダイバーンやダイジェットをすべて上から当てられるような立ち回りをすることです。

素早いポケモン、スカーフもち、トリックルームなどには警戒しましょう。

他には天敵ともいえる砂嵐下の耐久に振ったバンギラスはいのちのたまを持っていない限り、きあいだまでも落とせないので引くしかありません。確実にストーンエッジやダイロックで反撃されて1撃です。リザードンを採用するときは、カバルドンやボディプレスアーマーガアなど不利対面の交換先になるポケモンと一緒に選出しましょう。

リザードンの育成論と戦い方

リザードンはあくまで条件が整ったときに初めて強力になるポケモンです。

種族値も微妙に中途半端なので、ぶっぱしないと後ちょっとが足りなくなる場面も出てくるでしょう。

3ターンキルを目指すダイマックス高火力エース

  • 性格:おくびょう
  • 特性:サンパワー
  • 努力値:CS252/B4
  • もちもの:いのちのたま・きあいのタスキ・あつぞこブーツ・じゃくてんほけん・もくたん・たつじんのおび・ものしりめがね
  • わざ:オーバーヒート・ぼうふう・きあいだま・ソーラービーム

上から3ターンキルを目指す型です。

リザードンの特性上耐久は気にした所で紙ですし、無視して素早さと特攻に特化すべきなので、おくびょう+CSぶっぱで確定ですし、岩4倍=ステルスロックで半分削られるのでHPの2n+1調整も必須のため努力値振りの4あまりはHP以外(BかD)に振るで確定です。

もちものは基本火力UP系で全抜き性能を上げるのがおすすめです。きあいのタスキはリザードンがパーティにいる時点でステルスロックをまいてくださいといっているようなものですから役立つことはあまりないかもしれません。砂嵐でも潰されてしまいますね。逆にリザードンほどあつぞこブーツが似合うポケモンもいません。これをはけばステルスロックで半分削られなくなります。

わざはダイジェットからのダイバーン連打か単純なダイバーン連打で全抜きを狙うと思いますが、少しでも火力を上げるためにぼうふうとオーバーヒートを採用するのがいいでしょう。基本的にはダイマックスの3ターンで全抜きできなければ負けだと思いましょう。

【リザードンのその他の育成論】

その他の育成論はポケモン徹底攻略ぽけふぁんなどの構築紹介サイト、Youtubeなどでチェックしてみましょう。

リザードンの育成論を動画で上げているトレーナーがいたのではっておきますね。

リザードンの対策

リザードンの恐ろしさはダイマックス中の3ターンなので、これを枯らせることができればかなり優位に立ち回れるでしょう。

  • みがわり
  • ゴーストダイブ

などがおすすめです。みがわりやゴーストダイブを覚えたミミッキュは1体でダイマックスターンを完全に枯らせることができるのでいいですね。

バンギラスも後出しでほぼ勝てるのでおすすめです。

ダイマックスしなくてもダイマックスしたリザードンをストーンエッジで確定1発です。リザードンを使っている人で、バンギラスが相手にいるときにも選出してくる人がいますが、まず勝てないのでバンギラスがいるときはそもそも選出しないのが推奨です。選出する場合はバンギラス絶対56スマンに調整した個体を使いましょう。

他にはヒートロトム・ウォッシュロトム・ギャラドス・スカーフドリュウズなども対策として上がるでしょう。

ステルスロックをまくのもおすすめです。

あつぞこブーツを履いていない限り、リザードンのHPを半分削ることができます。2n+1調整されていないリザードンは2回でひんし、そうでなくても2回でHPを1にすることができるのでカバルドンやバンギラスが起こす砂嵐で倒せます。

まとめ:【ポケモン剣盾】リザードンの育成論と対策【超火力で焼き尽くす最強獄炎龍】

いかがでしたでしょうか。

最近ではあまり強力な構築が見えなくなってきたリザードンですが、キョダイマックスも追加されたので今後さらに開拓されていくのか楽しみですね。

それでは今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

長時間座ってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
【初期費用10万円】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。