【ポケモン剣盾】フロストロトムの育成論と対策【攻撃型冷蔵庫の氷ロトム】

【ポケモン剣盾】フロストロトムの育成論と対策【攻撃型冷蔵庫の氷ロトム】

【ポケモン剣盾】フロストロトムの育成論と対策【攻撃型冷蔵庫の氷ロトム】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回はフロストロトムの育成論と対策を考えていきたいと思います。

おそらくロトム系ではもっとも数が少ないロトムですが、どのようなポケモンなのか見ていきましょう。

フロストロトムの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【フロストロトムの特徴1】最高にバランスのいいステータス

フロストロトムもロトム系なので他のロトムと全く同じステータスです。

ロトム系のステータスは攻守ともに非常にバランスがよく、調整次第でどんなパーティのどんな隙間にも入れやすいポケモンですし、今作は特殊電気でロトムほどバランスのいいポケモンがいないのでロトム系はバトルでもよく見かけます。

【フロストロトムの特徴2】ロトム系ではいまいちな耐性

フロストロトムが使われない一番の理由は電気氷の複合タイプでしょう。(パッチルドンと同じ)

というのもフロストロトムを使うならウォッシュロトム・ヒートロトムを選びたいトレーナーが圧倒的に多いからですね。

  • ヒートロトムは2タイプ弱点、9タイプ半減以下
  • ウォッシュロトムは1タイプ弱点、6タイプ半減以下
  • カットロトムは4タイプ弱点、5タイプ半減以下
  • スピンロトムは2タイプ弱点、6タイプ半減以下
  • フロストロトムは3タイプ弱点、4タイプ半減以下

と、ロトム系で最も耐性が弱いポケモンです。

そのため、フロストロトムは他のロトムのような受け・サイクル型よりもアタッカー型が多いですね。

【フロストロトムの特徴3】専用技は襷つぶしに使えるふぶき

ロトム系はそれぞれタイプ一致の専用技を覚えますが、フロストロトムの場合はふぶきです。

御存知の通り高威力ではありますが命中が70しかなく、そのまま使うには心もとないメインウェポンですね。

これもフロストロトムが選ばれにくい理由の1つとなっています。

ただし今作ではダイマックスがあり、ダイアイスなら必中になる上にあられを降らせることでダイマックスが切れたあとの吹雪が必中になるという実質的な強化を受けました。

また鋼タイプに多い特性頑丈やきあいのタスキ相手でも、ダイマックスでHP1まで削ってからのあられダメージによって潰すことができるのも環境要因ではありつつ強化になっています。

フロストロトムを使う理由は主にここにあります。

フロストロトムの育成論と戦い方

基本的にはアタッカー型で育成がおすすめですが、ステータスバランスはいいので一応他のロトム同様受け型でも育てられなくはないです。

【フロストロトムの育成論】ダイマックスエース型フロストロトム

【フロストロトムの育成論】ダイマックスエース型フロストロトム
  • 性格:ひかえめ(とくこう↑こうげき↓)
  • 特性:ふゆう
  • 個体値:A抜け5V
  • 努力値:S220/C196/B92
  • もちもの:ラムのみ・オボンのみ・こだわりスカーフ
  • わざ:ふぶき・ほうでん・あくのはどう・わるだくみ

特徴
基本ムーブは後続において死に出しなどの有利対面から
わるだくみ→ダイマックス→ダイアイスであられを降らす→必中ふぶき連打
です。
ダイマックス技は、きあいのタスキ持ち相手ならダイアイス、硬い相手ならダイアークからのダイアイスかダイサンダーです。
ただしあられターンを伸ばしたい場合は初手ダイアイスは避けて2ターン目にダイアイスをうちたいですね。(3ターン目だとダイウォールされたらあられを降らせられないので)

調整
耐久に全く振らないと流石に脆いので少しだけ耐久に振りましょう。Cブッパする場合は性格臆病にしてSもブッパして上から殴れる範囲を増やす方が懸命です。
■S220
上から殴れれば無償突破できる準速ギャラドス抜き

■ひかえめC196
努力値を少し耐久にまわしたいので11n調整

■B92
あまり。
耐久努力値振りは、Hに振ると物理特殊両方対応できて性格補正なしなら不一致弱点を耐えられるようになりますが性格補正ありの相手のときは乱数で落ちるようになり、BかDに振ると性格補正ありの相手でも耐えられるようになってきます。
今回はいじっぱり珠ドリュウズのいわなだれを確定耐えできます。(B44でも十分ですが弱点岩・格闘をサブウェポンでうつポケモンには物理アタッカーが多いのでB振り。)

もちもの
■ラムのみ
ダイサンダーの恩恵を浮遊で受けられないのであくびが入る→あくびをうってくる相手もそこそこいます。逆手に取って積みましょう。
参考:【ポケモン初心者でも勝てる戦術解説】ラム積み戦術【ポケモン剣盾】

■オボンのみ
有利対面でなくとも無理やりわるだくみを積んでいく場合はこちら。

■こだわりスカーフ
ダイマックスが切れた後にS+1になるため上から広い範囲のポケモンに必中ふぶき連打ができます。ただしわるだくみができないのでフルアタかトリックがおすすめ。

わざ
■ふぶき
タイプ一致メインウェポン。
ダイアイスのあられできあいのタスキを潰せるのが優秀
ダイマックス後はあられで必中になります。

■ほうでん
30%で麻痺らせる運ゲー
意外と侮れないくらいに勝率が上がります。

■あくのはどう
ダイアークで特防を下げられるのが特殊アタッカーのロトムと相性がいい。
怯み20%も地味に強いです。

■わるだくみ
積みエースとしての基本技
ダイウォールのもととしても優秀

ラムのみフロストロトムを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。

フロストロトムの対策

バンギラスなどの天候操作が有効です。

特に岩タイプは砂嵐を起こして特防を上げながらタイプ一致弱点をつくことができるので強いでしょう。

フロストロトムはあられが降っていなければふぶきの命中不安があるためかなり弱体化できます。

特性での天候操作でなくダイマックス技でも天候操作ができるポケモンを1体後続に選出しておくと役立つでしょう。

氷半減で耐えるのもありです。

フロストロトムが出てくる場合はほぼ間違いなくダイアイスやゆきふらしによる天候操作を狙ってくるので、氷半減で受けられるポケモンを選出するのはおすすめです。

まとめ:【ポケモン剣盾】フロストロトムの育成論と対策【攻撃型冷蔵庫の氷ロトム】

いかがでしたでしょうか。

ふぶきをいかに活用できるかがフロストロトムを使う上で重要になってくる要素です。

ただ、逆にふぶきを使わずにダイアイス対策をした相手をメタるような立ち回りにしても面白いかもしれませんね。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
ゲーマーに関わらず多くのYoutuber/プログラマーなど座り仕事が多い在宅ワーカーが使っています。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。