【ポケモン剣盾】モロバレルの育成論と対策まとめ【無限回復再生力きのこ】

【ポケモン剣盾】モロバレルの育成論と対策まとめ【無限回復再生力きのこ】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回はモロバレルというポケモンについて調べていきたいと思います。

  • モロバレルの育成・調整案が知りたい
  • 相手にモロバレルが見えたときの対策が知りたい
  • そもそもモロバレルってどんな特徴があるポケモンなの?
  • モロバレルってどんなふうに戦うんだろう
  • モロバレルが好き

モロバレルにこんな関心を持っているトレーナーはぜひご覧ください。

モロバレルの基本ステータスと特徴

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【モロバレルの特徴1】夢特性:さいせいりょく&特性:ほうし

モロバレルの夢特性はドヒドイデで有名なさいせいりょくです。

これは交代して控えに戻るたびにHPの1/3が回復する特性で、ドヒドイデなどさいせいりょく持ちと組み合わせると1/3以上削れるポケモンでないと交代しているだけでPP切れもなく無限に回復していく特性です。

受けポケモンとして優秀な特性の1つだと言えるでしょう。

通常特性のほうはマシェードなどキノコ系のポケモンでお馴染みの特性ほうしで、接触攻撃を受けると30%の確率でどく・まひ・ねむりのいずれかの状態異常にするというものです。

ゴツゴツメットと組み合わせてダメージ+状態異常を狙う型を使うときに採用されやすい特性ですね。

モロバレルはいずれの特性も受け寄りの特性になります。

【モロバレルの特徴2】キノコのほうし

モロバレルはキノコ系ポケモンでお馴染みのキノコのほうしを当然覚えます。

キノコのほうしは確定眠りにすることができるので、初手で撃たれやすい技だといえるでしょう。

モロバレルはマシェードのようにちからをすいとるは覚えないものの、高速回復技のこうごうせいを覚えるので耐久することもできます。

【モロバレルの特徴3】草&毒複合タイプ

モロバレルは数が多い複合タイプの1つ、草毒の複合タイプです。

このタイプは相手のエースがうってきやすいダイジェットには非常に弱いものの、こちらのエースに撃たれやすい電気や格闘、フェアリー、通りがいい水といったタイプを半減にでき、4倍弱点がそこそこいる草技を1/4で受けられるという特徴があるので、パーティによってはエースのサポート役として採用するのもありでしょう。

水・フェアリーの複合タイプにはアシレーヌやマリルリといった強力なポケモンがいますが、草毒はこれに非常に強い真逆のタイプとも言えます。

また、草タイプは相手のねむりごななど粉塵系の技が効かなかったり、毒タイプはどくびしを回収したりどくどくが通らなかったりとギミック・受け系の構築に耐性があるのでそういったパーティが苦手な場合に組み込んでおいてもいいでしょう。

モロバレルの育成論と戦い方

きあいのタスキで耐えて必中催眠する型と、ヘドロ+守るでクッションとしての役を果たす型がメジャーな型になっています。

【モロバレルの育成論】クッションモロバレル

  • 性格:ずぶとい(ぼうぎょ↑こうげき↓)
  • 特性:さいせいりょく
  • 個体値:A抜け5V
  • 努力値:H236/B252/D20
  • もちもの:くろいヘドロ
  • わざ:キノコのほうし・クリアスモッグ・まもる・ギガドレイン

特徴
クッションとして使いやすいモロバレルです。
受けきれる相手であれば
受け出し→守る→クリアスモッグ
でダイマックスのバフをなかったことにする動きもいいですし、受けきれない場合は1体切り捨てたあと
死に出し→キノコのほうし→クリアスモッグ
で切り返しを狙っていくのもいいでしょう。
再生力なので、守ってくろいヘドロで回復したあと引いてから1/3回復して再び出てきて守るによって更に回復できます。
ドヒドイデも同じような動きをしますが、モロバレルの場合下手に受け出しするとキノコのほうしの必中催眠で起点にされるので相手の方も気楽に交代しにくいのが強みですね。

調整
■H236
再生力なので3n

■ずぶといB252
物理アタッカーがトップメタに君臨しているので物理耐久ぶっぱ。
特殊アタッカーに出すことが多ければ特殊耐久ぶっぱもいいでしょう。

■D20
あまり。
S30族はカビゴンなど数が多い素早さラインなので、DではなくSに振るのもありでしょう。

もちもの
■くろいヘドロ
まもると相性のいい持ち物
毒タイプは食べ残しを持たなくて済むので他のポケモンももう1体クッションとして採用できるのがいいですね。


■キノコのほうし
必中催眠の最強害悪技
キノコ系ポケモンの強み

■クリアスモッグ
キノコのほうしと合わせてせっかくダイマックスでかけたバフも無効化するさらなる害悪技
切り返しとして強力

■まもる
くろいヘドロと相性がよく、クッションポケモンにとっては必須級の技

■ギガドレイン
メインウェポン
威力は高くないもののタイプ一致かつ回復するので、実質的に与えるダメージはそこそこある。

【モロバレルの戦い方】ヘドロまもる型の例

こちらで紹介されているのは

  • ギガドレイン
  • クリアスモッグ
  • まもる
  • キノコのほうし

という技構成にくろいヘドロをもたせたモロバレルです。

1戦目は活躍なしですが、2戦目でこの型の強みがかなり出ていますね。

残飯守るはクッションとして非常に優秀なのは同意です。

【モロバレルの戦い方】襷ほうし型の例

こちらで紹介されているのは

  • クリアスモッグ
  • キノコのほうし
  • どくどく
  • こうごうせい

という技構成にきあいのタスキをもたせたモロバレルです。

1戦目ではみがわりとキノコのほうしがうまく決まったパターンのコンボでアドを取る様子が見れます。

この型のモロバレルはダイジェット相手にもきあいのタスキで必中催眠を当てることができる点が強みの1つですね。

【モロバレルの戦い方】達人の帯型の例

こちらで紹介されているのは

  • キノコのほうし
  • ギガドレイン
  • ヘドロばくだん
  • まもる

という技構成に達人の帯をもたせたダブルバトルでのモロバレルです。

ダブルバトルでも必中催眠で暴れていますが、本当に世界トップレベルのトレーナーが使うモロバレルはヤバいですね。

モロバレルの対策

必中催眠対策はしておきましょう。

相手にモロバレルが見えた場合、エースを通すときにエースがラムのみやカゴのみを持っていないときあいのタスキで耐えてからの必中催眠で切り返されることがあるので、そんな場合はサイクル中にモロバレルの再生力込でもきあいのタスキを潰すまで削っておいたり、ステルスロックで潰すような立ち回りを意識しておきましょう。

また、モロバレルを突破する場合はヘドロ守る+再生力というドヒドイデのようなしぶとさがあるので、攻める場合は火力のあるポケモンでタイプ一致で弱点をついていくのを意識するといいでしょう。

ラムのみ持ちがいる場合はキノコのほうしをうってくる(大体初手)で剣の舞や悪巧みなどバフをかけてから弱点をついていくのもおすすめです。

まとめ:【ポケモン剣盾】モロバレルの育成論と対策まとめ【無限回復再生力きのこ】

いかがでしたでしょうか。

タイプの違うドヒドイデみたいな感じでしぶとさはピカイチですね。

さらに必中催眠というのは起床までの時間がランダムで運ゲーも絡んでくるので、使いこなすには対戦回数を重ねて運を収束させていくのも大事になっていくでしょう。

モロバレルは過去作からずっと害悪として名を挙げていたポケモンですが、今作でもバッチリ害悪ぶりを発揮していますね。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
ゲーマーに関わらず多くのYoutuber/プログラマーなど座り仕事が多い在宅ワーカーが使っています。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログではほぼ毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。