【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と対策【初見殺しうのミサイル】

【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と対策【初見殺しうのミサイル】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回はウッウの育成論と対策を考えていきたいと思います。

ウッウは剣盾発売当初ランクバトルでかなり見かけたポケモンですが、現在ではマイナーポケモンとなっています。
ただ、今でも初見殺しや対策をすっかり忘れてしまっているトレーナーに刺さるポケモンでもあります。

ウッウの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

ウッウの基本ステータス

【ウッウの特徴1】特性:うのミサイル

ウッウの一番の特徴は何といっても特性うのミサイルでしょう。

波乗りかダイビングを使ったときに、サシカマスorピカチュウを咥えてきて、その後ダメージを受けると1/4ダメージ+防御ダウンor麻痺を与えるというかなり特殊な特性です。

なんでピカチュウが水の中にいるかは謎ですが。。。

サシカマスは防御ダウン、ピカチュウは麻痺ということでいずれも強力ですが、どちらを咥えてくるかは波乗り・ダイビングを使ったときのウッウのHP依存です。

  • HPが半分以上:サシカマス(防御ダウン効果)
  • HPが半分以下:ピカチュウ(麻痺効果)

うのミサイルはたとえウッウがそのターンにひん死になっても発動するので、うまく使うと場荒し性能は高いポケモンだと言えます。

なお、うのミサイルはみがわりを貫通することができます。

【ウッウの特徴2】意外と高めの耐久と素早さ

ウッウはHP種族値70、特防種族値95となっていて特殊方面にはそこそこの耐久を持っています。

一方で物理は防御種族値55と恐ろしいほどの紙耐久なので、そもそも物理相手に出さないか、厚めに努力値を振るか、きあいのタスキを持たせる必要があるでしょう。

また、素早さ種族値も85とロトム系より1だけ低い数値になっていてそこそこ速めです。

【ウッウの特徴3】4倍弱点持ち

ウッウは水飛行というペリッパーやギャラドスと同じタイプということで電気4倍弱点です。

特にロトム系はどうしても「1」素早さが低い関係で天敵となりやすいでしょう。

ウッウの育成論と戦い方

ウッウはいかにしてうのミサイルを打ちまくるかが重要なポケモンなので、きあいのタスキ型、耐久型の2種類が多く存在しました。

【ウッウの育成論】耐久型ウッウ

  • 性格:ずぶとい(ぼうぎょ↑こうげき↓)
  • 特性:うのミサイル
  • 個体値:A抜け5V
  • 努力値:S60/H252/B196
  • もちもの:たべのこし
  • わざ:なみのり・たくわえる・はねやすめ・みがわり

特徴
耐久型ウッウです。
基本ムーブはたくわえる→はねやすめ→たくわえる→はねやすめ→なみのり→はねやすめ→なみのり・・・
という感じで耐久を上げてから攻撃に移っていきます。
もちろん必ずしもこううまくいくわけではなく、特にどくどくに弱いのでドヒドイデやヌオーなどが出てきたとき用のみがわりです。

調整
■S60
最速50族、準速60族抜き(準速ギルガルド、最速コオリッポなどがそこそこいます)
68までふれば準速61族=バンギラス抜き調整ができますが、Sふりのバンギラスは最速のことが多いのでここまでで十分でしょう。

■ずぶといH252B196
あまりぶっぱ

https://yakkun.com/tool/speed.htm

もちもの
■たべのこし
要塞型で育成する際の鉄板もちもの。
もう少し早めに攻撃に移りたい場合は回復きのみもあり。

わざ
■なみのり
これがないとうのミサイルが打てないので必須

■たくわえる・はねやすめ
要塞化セット
2段階上昇から安心して攻撃に移るまでに4ターン使うのがネック

■みがわり
苦手などくどく回避用

ランドセルさんが耐久ウッウについてかなり丁寧に解説していたのではっておきますね。

ウッウの対策

うのミサイル対策に多段攻撃はおすすめです。

ウッウには今回紹介した耐久型もいますが、基本的には有名なきあいのタスキ型で1ターン目でHP1からピカチュウを咥えてきて、2ターン目にこらえるをしつつピカチュウを吐き出して麻痺+1/4ダメージを与え、3ターン目で上から再びなみのりしてきます。

ここで1体目がやられてしまうと再びピカチュウを咥えてきてこらえる→麻痺→素早さがダウンするので上からなみのりといった無限うのミサイルにハマってしまいますので、ドラパルトのドラゴンアロー(火力補正無い場合は乱数1)などの多段攻撃で一気に倒してしまうといいでしょう。

ラムのみ持ちを選出するのもおすすめです。

ウッウより先手で動ける場合、相手は基本的にピカチュウを咥えてきます。

なのでラムのみを持っていれば麻痺しても回復して素早さを逆転されることもなくなり安全に処理できるでしょう。

また、相手のこらえるのターンに合わせて積み技を積んでおけばそこから一気に試合を決めに行くこともできます。

ちなみにうのミサイルは電気技ではないので地面タイプも麻痺しますし、みがわりは貫通してくるので注意が必要です。

耐久型ウッウの場合は4倍弱点を狙いに行くのがいいでしょう。

普通耐久ウッウはきあいのタスキは持っていないので、4倍弱点をつければ一撃で落とせます。

ただ、実際のバトルではさすがに4倍弱点を目の前にして居座ることはないので交代読みの技を打ってサイクルを回しつつ、機を見て電気技を当てていく動きが必要になるでしょう。

ただしきあいのタスキ型は上述のとおり、こらえるによって電気タイプをも相手にしてくるので上を取っていない場合は注意が必要です。

砂嵐やあられでHP1を削り取るのもいいでしょう。

いわゆる普通のたすきつぶしですね。

バンギラスや4倍弱点になるフリーズドライアローラキュウコンなどが挙げられます。

特性ちょすいやよびみず持ちがパーティにいれば選出しておくといいでしょう。

これらの特性なら、うのミサイル発動に必要ななみのりもダイビングも無効化(吸収)することが可能です。

まとめ:【ポケモン剣盾】ウッウの育成論と対策【初見殺しうのミサイル】

いかがでしたでしょうか。

はじめて野生でピカチュウを咥えてきたウッウを見たときは目を疑いましたが、あれはなんなんでしょうか。

ウッウはピカチュウを食べるのでしょうか。

ポケモンの生態はまだまだ謎が多いですね。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
ゲーマーに関わらず多くのYoutuber/プログラマーなど座り仕事が多い在宅ワーカーが使っています。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。