【ポケモン剣盾】フーディンの育成論と対策まとめ【定数ダメージ無効の高速ストッパー】

【ポケモン剣盾】フーディンの育成論と対策まとめ【定数ダメージ無効の高速ストッパー】

【ポケモン剣盾】フーディンの育成論と対策まとめ【定数ダメージ無効の高速ストッパー】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回はフーディンというポケモンについて調べていきたいと思います。

  • フーディンの育成・調整案が知りたい
  • 相手にフーディンが見えたときの対策が知りたい
  • そもそもフーディンってどんな特徴があるポケモンなの?
  • フーディンってどんなふうに戦うんだろう
  • フーディンが好き

フーディンにこんな関心を持っているトレーナーはぜひご覧ください。

フーディンの基本ステータスと特徴

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

フーディンの基本ステータスと特徴

【フーディンの特徴1】夢特性:マジックガード

フーディンの特徴の1つは夢特性のマジックガードでしょう。

マジックガードはステルスロック、毒などの状態異常、砂嵐などの天候ダメージ、渦潮などのバインドダメージ、命の珠の自傷ダメージなどなど定数ダメージもろもろ(直接ダメージ以外すべて)を無効化する特性です。

マジックガードは天候ダメージやステルスロックできあいのタスキが潰されないので、物理耐久が低いフーディンと相性がいい特性ですね。

また、襷潰しがきかない=ストッパーとしても機能する点はフーディンの長所だといえるでしょう。

ちなみに通常特性のシンクロとせいしんりょくはあまり強力な使い方がないので、フーディンは夢特性で使われることが多いポケモンです。

夢特性フーディンの入手場所を紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。

【フーディンの特徴2】高速特殊アタッカー

フーディンは特攻種族値が135もあり、かなりの高火力特殊アタッカーだといえます。

ウルガモスやポリゴンZと同等の特攻種族値ですね。

また、素早さ種族値も120とインテレオンと同等のエースバーンより「1」だけ速い種族値ということで、たった「1」の違いといえどこの素早さラインは非常に大きな差になっています。

一方で耐久方面についてはHP種族値55、防御種族値45と壊滅的で、攻撃種族値も50と物理アタッカーや物理受けとしてはまず使えないでしょう。

ただ、特防種族値は95とそこそこ高いので、タイプ不一致弱点の特殊攻撃(ロトムのあくのはどうなど)くらいなら耐える数値になっています。

フーディンのステータスで惜しいところとしては攻撃寄りに無駄のないステータス配分の割にエスパー「単タイプ」という点ですね。

複合タイプと違ってタイプ一致技が1タイプしかないので、1.5倍の高火力が出せる範囲がエスパー1択というのはもったいないところです。

【フーディンの特徴3】わるだくみ

意外と知られていませんが、フーディンは今作からわるだくみが使えるようになりました。

高速+きあいのタスキ+マジックガードと相性がよく、後ろから出しても襷を潰されないのでフーディンより遅くて先制技も持たないポケモン相手にはきあいのタスキを盾にして1回わるだくみを積んでからS120の高速でただでさえ高い特攻がさらに威力2倍になった状態で上からワンパンを狙う、という動きができるでしょう。

フーディンの育成論と戦い方

イエッサンのサイコフィールド展開と組み合わせてワイドフォース連打をするフーディンや、きあいのタスキを盾にして積む型、ダイマックスエースとして運用する型など高火力の特殊技を押し付けていく立ち回りが多いポケモンです。

【フーディンの育成論】積みエース兼ストッパー型フーディン

  • 性格:おくびょう(すばやさ↑こうげき↓)
  • 特性:マジックガード
  • 個体値:A抜け5V
  • 努力値:CS252/H4
  • もちもの:きあいのタスキ
  • わざ:サイコキネシス・わるだくみ・みがわり・マジカルシャイン

特徴
主に2つの役割があるフーディンです。
襷を盾にしてわるだくみを積んでからサイコキネシス(orマジカルシャイン)を連打していくというのが1つの動きで、もう1つは相手のダイマックスに対してステルスロックなどで襷が潰されない高速みがわりストッパーとして相手のダイマックスを枯らす動きになります。
もちろん実戦では相手が不利対面での交代などスキを見せたタイミングで「みがわり→わるだくみ→ダイサイコ連打」といった動きで制圧していくこともあるでしょう。

調整
■おくびょうS252
Sに補正をかけて最速にしているのは、準速だと最速105族(ゾロアークやストライクなど)と同速まで素早さラインが落ちてしまうため、エースバーンはもちろんゲンガーやルチャブルといった弱点をついてワンパンできるような相手にも上を取られてしまうからです。

■C252
耐久に回すならHPですが、自己再生などをもたせて場持ちをよくするわけでもなく、きあいのタスキで耐久は担保するのでわるだくみの上昇量も上がる火力にぶっぱ

■H4
あまり。奇数調整

もちもの
■きあいのタスキ
マジックガード、フーディンのステータスとも相性のいい持ち物


■サイコキネシス
メインウェポン。
イエッサンと組ませたりダイマックスでサイコフィールド展開されることが多い場合はワイドフォースもあり。

■わるだくみ
積みエースとして運用するパターンの技

■みがわり
ストッパーとして運用するパターンの技
有利対面や不意打ち・補助技読みでみがわりをはるのもあり。

■マジカルシャイン
サブウェポン枠。エスパーが無効化される悪タイプに抜群をとれるフェアリーをチョイス。

【フーディンの戦い方】悪だくみ型の例

こちらで紹介されているのは

  • サイコキネシス
  • マジカルシャイン
  • エナジーボール
  • わるだくみ

という技構成にきあいのタスキをもたせたフーディンです。

今作でわるだくみを覚えたので1回積むことができればほとんどのポケモンを上からワンパンできるような特殊火力を出していけるのが強みですね。

フーディンはマジックガードで襷が潰れないので、わるだくみを積みやすいポケモンです。

【フーディンの戦い方】対エースバーン型の例

こちらで紹介されているのは

  • サイコキネシス
  • シャドーボール
  • きあいだま
  • みがわり

という技構成に命の珠をもたせたフーディンです。

エースバーンの上を取れるという長所を最大限活かすために、相手の不意打ちを封じつつアドを取るみがわりおよび、みがわりをはった後不意打ち連打してきたときにリベロで悪タイプになったエースバーンに刺さるきあいだまを採用しているのがポイントになりそうです。

きあいだまの命中不安が玉に瑕ですね。

【フーディンの戦い方】サイコフィールドコンボの例

こちらで紹介されているのは

  • ワイドフォース
  • くさむすび
  • きあいだま
  • マジカルシャイン

という技構成にこだわりメガネをもたせたフーディンです。

イエッサンと組ませることで、出せる試合についてはイエッサンとフーディンでほぼワイドフォース連打してるだけで勝っていますね。

エスパーの一貫がある相手にはひたすら高速高火力を押し付けるこの動きが刺さることもありそうなので、出せる相手と出せない相手を見抜けるようになると面白そうです。

フーディンの対策

エスパーを半減以下にできる物理アタッカーを採用するといいでしょう。

フーディンは特攻種族値が高く、その上でタイプ一致のエスパー技を受けると大きく削られてしまうため少なくともタイプ一致技は半減にできるといいでしょう。

特殊攻撃だとタイプ一致でない場合弱点をついても耐えられてしまうので、ペラペラの紙耐久の物理攻撃で攻めるのがいいでしょう。

また、半減にできるわけではないものの強力なゴーストであるドラパルトやミミッキュなら高速多段攻撃や化けの皮で簡単にフーディンの対策ができるでしょう。

まとめ:【ポケモン剣盾】フーディンの育成論と対策まとめ【定数ダメージ無効の高速ストッパー】

いかがでしたでしょうか。

フーディンといえば初代ポケモンでは自己再生とサイコキネシスで最強なポケモンの1体でしたが、フーディン以上の素早さを持つポケモンや強力な先制技持ちも多くなってきて肩身が狭い思いをしている印象ですね。

ただ、特性のマジックガードや高速高火力のステータス、今作から覚えた悪だくみ・ダイマックス・イエッサンと組んだワイドフォースなど新時代の活躍の仕方が増えたので育ててみてはいかがでしょうか。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
ゲーマーに関わらず多くのYoutuber/プログラマーなど座り仕事が多い在宅ワーカーが使っています。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログではほぼ毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。