【初心者必見】稼げないブログの特徴15選【改善方法とおすすめ書籍まで紹介】

2019年7月13日

【初心者必見】稼げないブログの特徴15選【改善方法とおすすめ書籍まで紹介】

【初心者必見】稼げないブログの特徴15選【改善方法とおすすめ書籍まで紹介】

こんにちは

yoshiです。

ブログで稼ぎたい!マネタイズしたい!そこまでいかなくてもお小遣い稼ぎくらいにはしたい!

そう思っている人は多いですが、挫折する人も多いです。

ブログで稼げている人と、そうでない人との違いは何でしょうか?

この記事ではブログで稼げるようになるにはどこが足りていないのか?という疑問にお答えします。

※ すでにブログで稼げている人にとっては当たり前の内容かもしれません。

あなたのブログは当てはまる?稼げないブログの特徴

下記の項目に当てはまれば当てはまるほど、稼げないブログに近寄っていきます。

あなたのブログはいくつ当てはまるでしょうか。

  1. ブログの記事数が少なすぎて稼げない
  2. ブログを始めて間もないため稼げない
  3. ブログのタイトルにキーワードが入っていなくて稼げない
  4. ブログのタイトルに数字が入ってなくて稼げない
  5. ブログをインデックスに登録してなくて稼げない
  6. ブログの情報量が少ないため稼げない
  7. ブログに有益な情報がなくただの日記になっているため稼げない
  8. ブログが感情を揺さぶってないため稼げない
  9. ブログが誰の背中も押してなくて稼げない
  10. ブログをSSL対応してなくて稼げない
  11. ブログがWordpressを使ってないため稼げない
  12. ブログの最初に結論がなくて稼げない
  13. ブログに画像が一切なくて稼げない
  14. ブログの文字が強調されていないから稼げない
  15. ブログがAIDMAに沿っていなくて稼げない

実際、稼いでいる人のブログをみてみると最低限これくらいは守られています。

逆に、順位の低いブログになると守れていないところがかなり多いです。

わたしのブログも当てはまることが多いため、少しずつリライトで改善できるところは改善していっています。

それでは1つずつ詳しくみていきましょう。

ブログの記事数が少なすぎて稼げない

ブログの記事数が少なすぎて稼げない

あなたが稼げないのは、単純にブログの記事数が少ないだけかもしれません。

たとえば

「1年もブログ頑張ったのに全然稼げない!」

という人がいたとします。

でも、たった30記事しか書いてないなら、そもそもまだGoogleにろくに評価すらされてない可能性が高いです。

ブログで稼ぐ場合は100記事がスタートラインとはよく言われます。

100記事がスタートラインなら、稼ぎたいと思うみんながやっているはずです。

基本的には稼げるようになるまでは最低でも1日1記事のペースで書いていかないと、正直令和における「ブログで稼ぐ」は厳しいと思います。

1年間、風邪の日も怪我をした日も冠婚葬祭の日も酔いつぶれた日も毎日更新を続ければ、365記事できるはずですから、1つめのゴールはいったん365記事としておくと目線高く頑張れると思います。

ブログを始めて間もないため稼げない

ブログで稼げないといっても、もしかしてまだ1ヶ月しかブログを書いてない、とかだと稼げないと思います。

多くの稼いでいるブロガーが言っているとおり、超短くても3ヶ月、速くて半年、普通なら1年以上続けないとろくに成果が結果に結びつかないのがブログの世界です。

たんたんと毎日更新を続けていきましょう。

【ブログ初心者】ブログを書くコツまとめ

習慣化の技術【ルーティン化して楽に成功する】

に継続するコツを書いているのでよければ参考にしてください。

ブログのタイトルにキーワードが入っていなくて稼げない

極稀にこういうパターンの人もいます。

狙ったキーワードが1文字もタイトルにはいっていないのです。

ブログで稼ぎたい人は普通2〜3ワードの検索クエリを狙って記事を書きます。

そしてその2〜3ワードがかならずタイトルに入るようにタイトルを付けます。

タイトルとはつまりH1/H2/H3タグですね。

きちんとタイトルにキーワードを入れないと、Googleの検索エンジンは人間ではなく機械なので記事の意図が伝わりません。

たとえ人間に伝わったとしても、機械に伝わらなければそもそも検索順位は上がらず、その記事を読んでくれる人の目にも届かず、結果として稼げないブログとなってしまいます。

ブログタイトルには最新の注意を払いましょう。

このあたりのことはこの記事の最後に参考書を貼ってあるので、読んだことがなくてブログで稼げないといっているならばぜひ読むことをおすすめします。

稼げないブログ初心者だったらたった2000〜3000円で人生が変わりますよ。

ブログのタイトルに数字が入ってなくて稼げない

ブログのタイトルに数字が入ってなくて稼げない

上位記事をみてみると、タイトルに数字が入っていることが多くないですか?

そうなんです、

タイトルに数字が入っていることが重要なんです。

「東京のおすすめのデートスポットベスト10選」とか「初心者が絶対知るべき株式投資の3つのポイント」とか、数字をいれてみると、「東京のおすすめのデートスポット」とか「初心者が絶対知るべき株式投資のポイント」とするよりも具体性がでますよね。

数字があることで、検索結果に出てあなたのブログが目に映った瞬間に、読者は無意識レベルで頭の中にその数字の枠を作ります。

そしてそれは最初は空白です。

ブログを読んでいくことで知識が埋められていきます。

空白を埋めていく作業は成長感を感じられ、知識欲が満たされる感じがするものです。

そもそも数字がタイトルに含まれていると具体的なので覚えやすいのと、人間の脳の特性として枠組みを規定され、空白があるとそれを埋めたくなるという性質も持っているので、ダブルで効果的な方法です。

自分が記事をまとめる上でも、数字を決めておくとまとめやすくなりますね。

ブログをインデックスに登録してなくて稼げない

ブログをインデックスに登録してなくて稼げない

ブログを書いたら書きっぱなしにしてないですか?

初心者に最もありがちなことがこれです。

GoogleSearchConsoleを使っていない場合は、ほぼ100%当てはまっていると思います。

ブログを書いても検索結果に出ない!?を解決する方法」に詳しくやり方をまとめているので参考にしてみてください。

ざっくり概要を話すと、記事がそもそもGoogleのボットにクロールされておらずインデックス処理もされていない上に当然ランキングもされていないため、絶対に検索結果に表示されない状態になっているということです。

ブログを書いてもほっておくと下手すれば数日〜数ヶ月の間、そもそもGoogleに認識されていなかった、ということになるかもしれないのでブロガーにとっては必須知識の1つだと思っていいでしょう。

ブログの情報量が少ないため稼げない

ブログの文字数が圧倒的に少ないブログをたまに見かけます。

ブログを評価するGoogleのボットは機械ですし世界中のサイトを評価しています。

当然効率的に評価したいはずで、その1つの視点として文字数はわかりやすいですよね。

100文字のブログと10000文字のブログだったら、圧倒的に後者の方が情報量が多く、詳しく書かれていることが推測されます。

それと合わせて、タイトルや内容が整合性が取れているか、わかりやすい文章になっているかなどを評価していくはずです。(検索エンジンの順位付けの方法はGoogleから公開されていないのですべて推測になります。)

検索の順位付けはどうなっているかは隠されています(2015年以前に蔓延していたスパムサイトのように、不正に順位をあげられないようにするためでしょう。)が、

1つ明らかなことは、Googleが掲げる10の事実で書かれていることは間違いないということです。

特に1番目に掲げられている「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」という思想からずれない限り、評価されるブログになるはずですし、結果として稼げるようになります。

ブログに有益な情報がなくただの日記になっているため稼げない

ブログに有益な情報がなくただの日記になっているため稼げない

ブログがただの日記になっていないでしょうか?

日記で稼げるのは芸能人だけです。

もしくは人と圧倒的に違う生き方(どん底の人生だったり、ホームレスだったり、事故物件で生活をしていたり)の人や、圧倒的に見た目がいい(かわいい、きれい、かっこいい)人に限ります。

普通の生活をしている普通の人の日記には誰も興味を持ちません。

少しでもマネタイズしたいのであれば、日記ブログは不利です。

「今日何を食べた」「今日友達と遊んで楽しかった」「今日どこどこいった」

だから何?となってしまう人が多いので、稼ぎたいと思っている人で日記ブログをしている人は見直しましょう。

ブログが感情を揺さぶってないため稼げない

ブログの価値の一つとして感情を揺さぶる記事があります。

本でも感情を揺さぶられることってありますよね。

ブログでもそれができる人っていうのは一定数いて、ブログ記事で感動を生み出しています。

有益な情報、というブログが王道ですが、こういった感情を揺さぶるような記事をかける人はブログを芸術の域に昇華させているともいえるでしょう。

そういった記事は検索エンジンに評価されるというよりも、ファンが増えていって結果的にブログで稼げるようになると思います。

ブログが誰の背中も押してなくて稼げない

アオリ系ブログってありますよね。

ブロガーでいうとイケハヤさんが有名です。

「まだ東京で消耗してるの?」の言葉に代表されるように、サラリーマンdisなど基本的にdisりから入るパターンのブログです。

あれはある意味読者を急かして焦らせることによって、背中を押しているわけです。

人間は結構弱い生き物で、多くの場合必要に迫られたり、なにくそ見返してやると思わなければ行動に移すことができません。

千里の道も一歩から、そもそも行動に移せなければその人の成功には絶対に結びつかないわけで、背中を押すことは誰かの役にたちます。

分類的には自己啓発ブログに分類されますね。

必ずしもdisる必要はないですが、何らかの形で誰かの背中を押すような記事を心がけるとブログの価値が上がって、Googleにも評価されて読者の役に立ち、結果的に稼げるようになっていくと思います。

ブログをSSL対応してなくて稼げない

SSL対応については「httpからhttpsにロリポップ+ムームードメイン+WordPressで移転する方法」にて詳しく解説しています。

ざっくり説明すると、セキュリティを強化することになります。

また、Googleがランキングの基準として使うと明言しているため、SSL対応しているのとしていないのでは稼げるか稼げないかの命運に直結してきます

ちなみにSSL対応していないと読者にも安全なサイトではないことが通知されて、離脱を促してくるので、せっかくクリックされてもそもそも見られない可能性が上がります。

ブログで稼ぎたいと思っている人にとって、SSL対応は必須です。

ブログがWordpressを使ってないため稼げない

ブログがWordpressを使ってないため稼げない

ブログを無料ブログでやっているでしょうか?それともWordpressでレンタルサーバー借りて有料でやっているでしょうか?

【初心者向け】ブログで稼ぐならWordPress【無料ブログは稼げない】」にも書きましたが、

無料ブログはブログで稼ぎたいという人にとってはもろもろ不利な条件が重なっています

お試しでブログを始めるときに無料ブログを選ぶのはいいのですが、本格的にブログで稼ぎたいと思っている人は、SEO対策の観点などを含めてもGoogleが絶賛するWordpressをおすすめします。

上の記事でも書きましたが、最近でも継続的に稼げているブログはWordpressでブログを運営いる人たちばかりです。

ブログの最初に結論がなくて稼げない

起承転結を学校では習いましたが、ブログでは起結承転結です。

なぜなら検索エンジンは最初に結論があったほうがその記事が何を言おうとしているかわかりますし、Googleはアメリカの企業なので英語圏の話し方を考えると、最初に結論がきて次に詳細という流れだからです。

検索エンジンをわざわざ日本語の形式に当てはめていることは無いはずですし、世界のデファクト・スタンダードは英語なのでその考えに則って記述することが求められていると思って間違いないでしょう。

日本語では前置きをダラダラと長く書いて、最後に結論という持っていきかたですよね。

これはこれで「結論はなんだろう」というワクワク感はあるかもしれませんが、情報過多で手早く欲しい情報が求められる時代において結論が最後にくるというのは、非効率的です。

読者も最初に結論が来ていて、その後具体例や詳細が来ていたほうが滞在時間が伸び離脱率が下がるそうなので、起結承転結の型でブログを書くのがおすすめです。

ちなみに転は別になくてもいいです。

その場合は起結承結ですね。

ブログに画像が一切なくて稼げない

ブログに画像が一切なくて稼げない

ブログに画像がないと、結構無味乾燥で読んでいくのがツラいブログになりがちです。

o-danやいらすとやなどのフリー素材でいいので、画像をブログに貼るようにすると途中で読み疲れた頃に再び読み進めようという気力が湧いてきますのでおすすめです。

ちなみに画像はアップロードする前にJPEG圧縮TinyPNGという画像圧縮サイトで圧縮してから使うことをおすすめします。

あとからEWWW Image Optimizerで圧縮しても良いのですが、上記画像圧縮サイトで圧縮したほうが圧縮効率がかなりいいので、これから書くブログについては上記サイトで圧縮してから使うのがおすすめです。

すでにある画像もできれば圧縮したいところですが、記事数が多いとそれだけで大変だと思うので、そういう場合はEWWW Image Optimizerでまとめて圧縮すればOKです。

画像圧縮するとページ表示の高速化に繋がり、Googleが掲げる10の事実の3番「遅いより速いほうがいい。」に沿ったブログとなりやすく、検索順位のアップに繋がり、結果的に稼げるブログになります。

ブログの文字が強調されていないから稼げない

ブログの中で文字が強調されていないと「どこを読めばいいかわからない」となります。

上から下まですべての読者がすべて読んでくれるとは限りませんから、ポイントは色を赤くするとか太字にするとか、背景の色を強調するなどしてわかりやすくしましょう

Googleも強調されている文章は構造的に検知できますので、SEO評価にも反映されます。

無料ブログのツールだけでなくWordpressでもカンタンに強調できます。

CSSが詳しくなくてもできるので、ぜひそのブログ記事のポイントは強調するようにしましょう。

ブログがAIDMAに沿っていなくて稼げない

AIDMAはマーケティングでは基礎の基礎ですが、ブログにも活かせます。

  • Attention(注意を引く)
  • Interest(興味を持つ)
  • Desire(欲求)
  • Motivate(動機)
  • Action(アクション)

の先頭文字を取ったものです。

注意を引くようなタイトルをつけ

興味を持ってもらい

クリックしたいと思ってもらい

クリックするメリットを認識してもらい

クリックというアクションにつなげる。

とタイトルだけでも使えますし、もちろんブログ記事にも活かせます。

ペルソナを明確化していればそのペルソナの対象の人の注意は引けますし、導入文で興味を引いてもらい、読み進めたいという欲求をかきたて、アクションを起こすための理由を記事で動機づけし、最後にアクションにつなげる。

アクションについてはさまざまな形がありますが、結果的に読者のためになるものであればそれは有益な記事となりますので、検索エンジンにも評価されて結果的に稼げるブログとなります。

まとめ:【初心者必見】稼げないブログの特徴15選【改善方法とおすすめ書籍まで紹介】

まとめ:【初心者必見】稼げないブログの特徴15選【改善方法とおすすめ書籍まで紹介】

いかがでしたでしょうか。

初心者だとまずは闇雲にブログを書き始めていると思います。

そして思ったようにアクセスや収益が伸びないというときに、多くの人は挫折し、僅かな人は改善点を見つけて改善していきます。

今回の記事では稼げないブログの特徴をご紹介しましたが、稼げているブログや単純に検索上位を取っているブログを研究するとこういった対策にいきつきます。

自分で調査するのはもちろん大切です。

しかし、一番最初は本から体系的に学ぶべきです。

理由は本はコスパが非常によく、短時間で疲労感少なく最大効果を得られるためですね。

ネットは断片的な情報を収集するにはいいのですが、それを頭の中で組み立てる体系的なベースは最初に本からインプットするのがおすすめです。

ちなみに今回紹介した内容のうち文章術についての基本知識は

の2冊に詳しく書いてあるので、ブログで稼ごうという方はまず沈黙のWebライティングと20歳の自分に受けさせたい文章講義の2冊に投資して必要な知識をインプットしながら改善していくのが良いと思います。

どの分野にも山ほどある本の中に何冊か本当の教科書たるものがありますが、この2冊はブロガー界隈でも推されていますし、Amazonのベストセラーにもなっているので初心者が買う本として非常におすすめです。