【転職成功率アップ】経歴とスキルのリストアップの大切さ

2019年5月19日

【転職成功率アップ】経歴とスキルのリストアップの大切さ

以前「【初めての転職活動】転職初心者が最初に把握しておくべきこと【バイトとは違う】」という記事を書きましたが、この記事ではその中の「経歴とスキルのリストアップ」についてより詳しく書いていきます。

転職活動は就職活動と違い、実務経験を多少なりとも積んだ上で行うものです。

未経験からプログラマーになる道もあるとはいえ、そういった未経験の道を選ぶのは勇気がいりますよね。

なので基本的には今の自分のスキルを活かせる業界に入って、即戦力として働く道を選ぶ方が多いでしょう。

また、たとえ未経験の道を選んだとしても今までの職業で「どのようなことをして、どのようにとりくみ、どのような成長をして、どのような成果を出したか。」というような一般的にその人の仕事への取り組み方を観るような質問は突っ込んでされるものなので、準備をしておくに越したことはありません。

経歴のリストアップ

1年など短期で転職に踏み切った方は経歴といえるような経歴もないかもしれません。

特に新卒の場合、会社によってはかなり長期間実務ではなく研修にその時間を割いている場合があります。

一見経歴がないようにみえますが、そういった人材はそれはそれで「基本的な研修は済んでいるため不要」という枠でアピールできるはずですし、短い職務経歴の中でも会社に入って学ぶことは多いので、「わたしにはなにもない」と思わずに淡々とやってきたことをまずはリストアップしてみましょう。

その上で、重要なポイントとなりそうな経歴を記載(記載するほどでなければメモや心に留めておいて面接で突っ込まれたときに備える)しましょう。

とはいえ、実際に経歴が浅いことは隠しようもないので、転職エージェントや転職サイトによってはなかなか紹介がされなかったり、話が進まないことも多いでしょう。

しっかりと経歴を洗い直すのはやっておきつつも、そういった問題に直面した場合は一旦「未経験からの転職支援サービス」や、そもそもフリーターなどの転職に強い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

そういった方はまずとにかくいい会社に勤務して、数年間様々な経歴を積んでしまえば、大手転職エージェントでも優先的に対応してもらえるような人材になれます。

スキルのリストアップ

自分が今できるスキルを明確にしておくことは大事です。

何をどこまでできるのか、実務経験としてどんな成果を出してきたかというのは、転職時の重要な参考指標になるとともに自分の価値を客観的に見つめ直すいい機会になります。

もしかしたらこれから転職する業界に進んでも、アピールできるようなスキルが手に入らないようであれば、自分のキャリアを考え直してみてもいいかもしれません。

逆に人一倍スキルがあるといえる状態であれば、経歴が多少浅くてもカバーできることがあります。

本当にアピールできるスキルがないという場合は、実際かなり厳しいと言わざるを得ないのですが、そういった方は未経験からの転職支援サービスもあるので、転職ができないということはないです。

特にブラック企業に勤めていて、すぐにでも転職しないと心身ともにまずい方にとっては、いかにそういった企業から早く出て転職に有利なスキルを身につけるか、が重要になってきます。

意外と客観的に観た場合はスキルがあると言われることもありえるので、まずは大手転職エージェントのいずれかと自分の進みたい業界に強いエージェントの合計2つ〜3つに登録し、自分の市場価値を客観的に見直しましょう。

その上で本当に現在の転職市場においてスキル不足な場合は、必要なスキルを身につけるところから始めましょう。

次の記事では「【転職のススメ】やりたい仕事と業種および業界地図のリストアップ」について書いていきます。