【ポケモン剣盾】ヨワシの育成論と対策【合計種族値最強の620族】

【ポケモン剣盾】ヨワシの育成論と対策【合計種族値最強の620族】

【ポケモン剣盾】ヨワシの育成論と対策【合計種族値最強の620族】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回はヨワシの育成論と対策を考えていきたいと思います。

HPが1/4に減らない限りは最強の種族値をもつこのポケモン、はたしてランクバトルで使えるほどの性能を持っているのでしょうか。

ヨワシの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【ヨワシの特徴1】特性:ぎょぐん

ヨワシはHPが1/4までは群れた姿、HP1/4を切ると単独の姿に変わります。

群れた姿は全ポケモンの中でも屈指の合計種族値を誇り、その反面単独の姿は全ポケモン屈指の最弱ポケモンとなります。

今作ではダイマックスによりHPを2倍にすることができるため、ヨワシのこの特性とは非常に相性がいいものになっているといえるでしょう。

ただ、単独の姿になるくらいなら倒されてくれたほうが起点にならずにすむ(単独の姿になるのはターンの終了時なので、次のターンの相手の選択肢に自由度が出る)ような場面もあるので、立ち回りはなかなか難しいと言えるでしょう。

【ヨワシの特徴2】後攻とんぼがえり

ヨワシは意外にもとんぼがえりを覚えます。

群れた姿のヨワシは非常に高い耐久と鈍足のため、相手の攻撃を受けて後続のエースを安全に着地させるヌルアントがよく使うような後攻とんぼがえり戦法を使うことができます。

ヨワシの育成論と戦い方

ヨワシは群れた姿の高い性能を最大限活かすダイマックスと、後攻とんぼがえりをするクッション型を見かけます。

【ヨワシの育成論】ダイマックストリルエースヨワシ

  • 性格:れいせい(とくこう↑すばやさ↓)
  • 特性:ぎょぐん
  • 個体値:S逆Vの5V
  • 努力値:H244/C252/ABD4
  • もちもの:しんぴのしずく(アッキのみ・タラプのみ・回復きのみ)
  • わざ:ハイドロポンプ・れいとうビーム・じしん・アイアンテール

特徴
基本的にはトリックルームパーティでのエース枠として運用しますが、普通のパーティで初手ダイマックスして荒らす役割としてもいいでしょう。
最高火力のハイドロポンプをうつために特殊型にしているので、基本はハイドロポンプベースのダイストリームを積極的にうっていきます。
ちなみにトリル運用はS1最高123位の方など上位でも通用する方法です。

調整
■H244
奇数調整

■れいせいC252
最大火力を出すためにぶっぱ

■ABD4
あまり4ずつ振り。

もちもの
■しんぴのしずく
HPを削る命の珠はHPが減ると急激に弱体化するヨワシとはアンチシナジーだと思うのでしんぴのしずく。
弱点保険も単タイプなので発動しにくいと思います。

■アッキのみ・タラプのみ
ダイマックス系だとアーマーガアが持っていることがある持ち物ですが、耐久を上げることで群れた姿を維持できるターンが増えます。
ダイアース・ダイスチルと合わせると、1ターンで2段階上昇しつつ攻撃が可能なのでうまくハマると非常に強いです。

■回復きのみ
HPが一気に削られてしまっても、オボンのみなどでHP1/4以上に回復できれば次のターンも群れた姿で行動することができるため、ヨワシの特性とはシナジーがあります。

わざ
■ハイドロポンプ
タイプ一致の高火力メインウェポン
しんぴのしずく+ダイストリーム後の雨でさらに強力になります。(命の珠トゲキッスとの打ち合いで対面から勝てるほど)

■れいとうビーム
タイプ相性補完のいいサブウェポン

■じしん・アイアンテール
ダイアース・ダイスチルで耐久を上げられるので、ダイストリームでちょい残しした相手を削るときや初手でうってから展開する流れも。

ちょうど同じ型のヨワシを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。

【ヨワシの育成論】クッションヨワシ

【ヨワシの育成論】クッションヨワシ
  • 性格:のんき(ぼうぎょ↑すばやさ↓)
  • 特性:ぎょぐん
  • 個体値:S逆Vの5V
  • 努力値:H244/B252/ACD4
  • もちもの:オボンのみ(混乱実)
  • わざ:とんぼがえり・まもる・ねっとう・うずしお

特徴
初手に出す場合は、うずしおで捕まえてからの後攻とんぼがえり、もしくは単純に後攻とんぼがえりからの有利対面作成をします。

2番手以降に出す場合、相手のダイマックスに出してまもると後攻とんぼがえりで相手のダイマックスターンを枯らしつつこちらの切り返しダイマックスエースに繋いでいきます。

調整
■H244
奇数調整

■のんきB252
クッション性能を上げるためにBぶっぱ

■ACD4
あまり

もちもの
■オボンのみ
クッションポケモン御用達の持ち物。
確定数をずらせるので、ダイマックス相手にも安定した立ち回りができるようになります。
オボンのみが他のポケモンに使われている場合はフィラのみなどの混乱実でもいいでしょう。

わざ
■とんぼがえり
後攻とんぼがえりをするのがヨワシを採用する1つの理由です。

■うずしお
命中不安ではあるものの、後続のエースの有利対面を強制的に作れるのはうまくハマると強力です。

■まもる
ダイマックスターンを枯らすことがこのゲームで勝つ1つの勝ち筋なので、クッションとして覚えておいて損はありません。

■ねっとう
あまり攻撃を念頭にはおいていないものの、素の種族値が非常に高いため無振りでも火力を出しつつ火傷を狙えます。

やや型が違いますがクッションヨワシを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。

ヨワシの対策

ダイマックスを警戒しつつHPを3/4削りましょう。

ヨワシは群れた姿は強いものの単独の姿は非常に弱いです。

ヨワシのダイマックスには、ドヒドイデなどのタイプ相性的にも有利で耐久のあるポケモンをあわせつつ、切り返しのダイマックスでHPを一気に3/4削ってしまうのが理想です。

難しい場合はこちらもダイマックスをあわせてダイマックスヨワシのターンを枯らしつつ戦うのがいいでしょう。

ダイマックスではダイストリームが必中ですが、素の状態ではメインウェポンとして採用されやすいハイドロポンプが命中不安なので、相手の外しを狙いながら戦うことができます。

また、トリックルームエースとしても採用されるためミミッキュなどのトリックルーム役が出てきたら後続のヨワシの存在を警戒して、まもるやゴーストダイブでトリックルームターンを枯らす立ち回りをするなど工夫しましょう。

後攻とんぼがえりに警戒しつつ立ち回りましょう。

クッションヨワシの場合は後攻とんぼがえりから有利対面のポケモンを出してくる可能性があるので、ヨワシ対面ではダイマックスと同時に後攻とんぼがえりによる裏に控えたエースの存在も考慮しながら立ち回りましょう。(具体的には技を選択する前に+ボタンを押して相手のパーティのエースを再確認し、技を選択するなど)

まとめ:【ポケモン剣盾】ヨワシの育成論と対策【合計種族値最強の620族】

いかがでしたでしょうか。

自身がトリルエースとしても活躍でき、逆にエースを安全に着地させるためのクッションとしても活躍できるヨワシ

群れた姿の強さはピカイチなので育てて使ってみてはいかがでしょうか。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。