【ポケモン剣盾】エアームドの育成論と対策【優秀な耐性の物理受け】

【ポケモン剣盾】エアームドの育成論と対策【優秀な耐性の物理受け】

【ポケモン剣盾】エアームドの育成論と対策【優秀な耐性の物理受け】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回は鎧の孤島で追加されたエアームドについて育成論と対策を調べていきたいと思います。

エアームドといえば高い物理受け性能から高い特殊受け性能のHDドヒドイデやポリゴン2、ラッキーなどと組まれることが多いポケモンですよね。
今回はそんなエアームドについて調査していきたいと思います。

エアームドの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【エアームドの特徴1】非常に高い物理耐久

エアームドは特防はかなり紙耐久よりのステータスである反面物理方面には非常に硬い耐久性能を持ちます。

その硬さはHBぶっぱすれば非ダイマックス状態でも命の珠を持っていないエースバーンの威力160の超火力技キョダイカキュウを乱数で耐えるほどです。

https://pokemass.site/swsh/dc/

【エアームドの特徴2】特性:がんじょう&夢特性:くだけるよろい

エアームドは特殊方面の耐久性能が低いですが、特性のがんじょうにより確実に1回行動保証を持つことができます。

きあいのタスキを持っているようなものですね。

ただ、ドリュウズなど型破り持ちの一撃必殺、エースバーンのキョダイカキュウなど相手の特性を無視する技には注意したいです。

ちなみにもう1つの通常特性:するどいめはランクバトルで採用されることはまずありません。

エアームドの夢特性くだけるよろいは相手の物理技を受けるとB1段階ダウン、S2段階上昇のバフを得られるものです。

通常特性の頑丈が耐久型のエアームドが採用する特性だとすると、夢特性はASぶっぱのようなアタッカー型エアームドが採用する特性だといえるでしょう。

例えば弱点物理技をうってきそうな相手に対して弱点保険をもたせ、相手の攻撃を受けながらダイジェットを積んで1ターンでAC2段階上昇、S3段階上昇を実現するようなアタッカーエアームドはたまに見かけます。

準速だと最速砂かきドリュウズは抜けませんが、最速ならS180振りだけであれば抜くことができます。

つまり実質的にすべてのポケモンを抜くことができるといっても過言ではないでしょう。

https://yakkun.com/tool/speed.htm

【エアームドの特徴3】優秀な耐性

エアームドは弱点が2倍弱点の炎・電気の2つしかないという非常に優秀な耐性を持っています。

エースバーン・パッチラゴンという超耐久を持っても超火力で破壊してくる強力なポケモンが環境にいるのが原因で動かしにくいですが、逆にいえば弱点をつかれなければ非常に強いポケモンだといえるでしょう。

半減で受けられるタイプが多いので、受け出しもしやすいです。

エースバーンには弱いですがゴリランダーには強いので、ゴリランダーが出てくるときつい構築には相性がいいでしょう。

また、アーマーガアのように鋼タイプを持っているため毒毒が入らないのもポリゴン2やラッキーなどにはない強みです。

エアームドの育成論と戦い方

エアームドには主にくだけるよろいのアタッカー型と頑丈の耐久型が見られます。

頑丈型は鉄壁ボディプレス型とふきとばしステロ型が多いようです。

【エアームドの育成論】襷カウンターメタ物理受けエアームド

  • 性格:わんぱく(ぼうぎょ↑とくこう↓)
  • 特性:がんじょう
  • 個体値:C抜け5V
  • 努力値:H244/B252/S12
  • もちもの:オボンのみ・ゴツゴツメット
  • わざ:はねやすめ・ステルスロック・ふきとばし・ブレイブバード

特徴
こちらのエースを通す上で邪魔になるのが相手の襷カウンター・ミラーコートですが、それを潰すために初手からステルスロックをまきます。

普通のポケモンの場合はきあいのタスキでも持たないと行動保証が得られないですが、がんじょうエアームドなら確実にステルスロックを撒くという仕事をしてくれます。
初手ダイマックスエースバーンのキョダイカキュウは無理ですが、逆に考えると相手に初手でダイマックスを切らせることができれば、後半にトゲキッスのダイジェット切返し後の上からエアスラッシュ怯み連打で勝つという勝ち筋を狙いやすくなるメリットもあります。

ステルスロックを撒いた後は、相手が積んできたり起点作成型ならふきとばしでステルスロックダメージを蓄積してもいいしブレイブバードで大きく削りに行ってもいいでしょう。

調整
■わんぱくH244B252
物理受けなので物理耐久ぶっぱ。特殊方面は特性のがんじょうでカバー
一応HPは奇数調整(あまり意味ない)

■S12
あまり

もちもの
■オボンのみ
サイクルを回す中でサイクル回数を増やせる。
食べ残しもあり。

■ゴツゴツメット
接触技もち相手に出すときに有効なダメージソース

わざ
■はねやすめ
高速回復ソース

■ステルスロック
頑丈エアームドを採用する理由の1つ。
きあいのタスキを潰したり、相手のHPをこちらのダイマックスエースの確定圏内にまで削ることが目的。

■ふきとばし
物理受けのエアームドに後出ししてきがちな特殊アタッカーをふきとばしたり、積み・起点作成ポケモンをふきとばすのに有効。
エアームドを物理アタッカーに出す→ステルスロックを撒く。相手は特殊アタッカーが出てくる→HDラッキーなど特殊受けに引く→相手は物理アタッカーに交代する→エアームドを受け出しする→ふきとばしをおして相手の後出し特殊アタッカーを許さずステロダメージを蓄積させる。
というような動きで定数ダメージを蓄積させていけると理想

■ブレイブバード
能動的にダメージを与えられるメインウェポン兼相手の起点になりそうなときの自主退場技

エアームドを紹介していたのではっておきますね。

エアームドの対策

特殊弱点で攻めるのがおすすめです。

物理耐久が高いエアームドですが特殊方面は弱いので特殊弱点で攻めるといいでしょう。

ただ、大抵はHDラッキーのような特殊受けと組んでいるのでサイクルの中で交代読みで崩していくことが求められます。

超火力弱点物理もおすすめです。

エースバーンやパッチラゴンなど弱点をタイプ一致でつくことができ、さらに火力も申し分ないポケモンも対策としておすすめです。

実際のところエアームドが鎧の孤島配信前に騒がれていたほど個体数がいないのは、エースバーンとパッチラゴンが溢れかえっていること、ついでにジバコイルも溢れかえっていることが原因だと思います。

まとめ:【ポケモン剣盾】エアームドの育成論と対策【優秀な耐性の物理受け】

いかがでしたでしょうか。

見た目もカッコよくてアーマーガア派とエアームド派に分かれるような人気ポケモンですが、剣盾では圧倒的に強すぎるエースバーンを苦手としているので環境的に活躍させにくい状況ですね。

ただしゴリランダーに強いなど別の視点からみれば活躍の場はまだまだあるので育ててみてはいかがでしょう。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。
実況しながら戦うのはかなり脳みそを使うので、ポケモンの上達も速いでしょう。
【初期費用10万円から1000万円を稼ぐ?】ポケモンのゲーム実況・動画編集環境に必要なもの紹介

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
ゲーマーに関わらず多くのYoutuber/プログラマーなど座り仕事が多い在宅ワーカーが使っています。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。