副業で稼ぐコツは1つだけ!【サラリーマンのみなさん、95.52%の人は好きなことやって稼げるチャンスがあります】

2019年5月4日

副業で稼ぐコツは1つだけ!【サラリーマンのみなさん、95.52%の人は好きなことやって稼げるチャンスがあります】

副業で稼ぐコツは1つだけ!【サラリーマンのみなさん、95.52%の人は好きなことやって稼げますよ。】

サラリーマンをやっている大半の人は好きなことができてない、不幸だ憂鬱だみたいに思っています。大丈夫です、それを思っているのはあなただけではないんです。

で、それは会社と社員という仕組み上当然のことです。

言い方はあれですが、会社というのは「サラリーマンから労働力を搾取し、利益を追求して投資家に還元するシステム」というのが事実なので、安定収入を得るために最低限必要な労働力のみ提供し、残りは自分の好きなことをするのがおすすめです。

例えばですが「ギターが好き。できれば働かないで一日中ギター弾いてたい。」という人がいたとします。

結論をいうとこの好きなことを副業に発展させるコツをしればできますし、時間はかかりますが本業レベルの収益化まで発展させていけます。
そして本業レベルの収益化が安定したら、一日中ギター弾いていたいというのが実現できます。

副業で稼ぐたった1つのコツ

副業で稼ぐたった1つのコツ

本題に入ります。副業で稼ぐたった1つのコツとはなんでしょうか。

それは

インターネット上で世界に向けて発信すること

これだけです。

これが本質です。

やりたいことをやりたいようにやって、それを世界に発信する。

稼ぐ人は例外なく発信していて、発信する質と信頼性が高いほど稼ぐ金額も高額になります。

なぜ【発信】が本質であり重要か

なぜ【発信】が本質であり重要か

それは「発信=他者への価値の提供」だからです。

振り返って考えてみてください。
世界の本質として、生物として「生きる」ことも、「芸術作品を作り上げる」ことも、

  1. なにかをinputして
  2. 自分の中で変換し
  3. なにかをoutputする

すべてこの3ステップです。

生きることは何かを食べて何かを排出することですし、それはハエや微生物・植物など別の生物の食べ物に変わっています。文字通り「クソのような」ものでも広い視点でみると役立っています。
生きることはクソだけではなく「卵」も生み出しています。

例えると金の卵を発信するようになった人は、莫大な稼ぎを生み出せるようになります。

知識・ノウハウについてみてみます。視点を他者に向けて考えると、「誰かのinputのためには別の誰かのoutputが必要」になるのです。
ここで「誰か」とはあなたではない誰かで、「別の誰か」とはあなたです。

あなたの発信はだれかの価値になります。これをインターネットで世界に向けて発信すると、母数が圧倒的に多いので必ずあなたの発信に価値を見出す人が出てきます。

情報発信と価値の返報性

情報発信と価値の返報性

インターネットの世界ではあなたの発信に価値を見出した人は、意識的無意識的にかかわらずあなたに返報してくれます。例えば

  • アクセス数・再生数・クリック数
  • YoutubeやSNSの場合登録者・フォロワー数
  • 広告クリック
  • アフィリエイト
  • 仕事の依頼
  • 権利収入
  • etc…

特にYoutubeなどの動画やSNSでは、ネガティブなアクセス(いわゆるアンチ)ですら、結果的には発信者の収益につながっていく仕組みになっているので、そこがインターネットとリアルとの大きな違いです。

ということで、仕事が終わったら好きなことを好きなだけ楽しんで、その内容を発信し続けることで自然と収益化に繋がっていきます。
発信の仕方は

  • ブログ
  • 動画
  • SNS
  • コンテンツ販売

といろいろあるので、自分の好きなことにマッチした方法を取ればOKです。

最初はクソみたいなものを垂れ流していても、人間はいやでも成長してしまうので、発信し続けることによってそれは必ずブラッシュアップされていき、早い人と遅い人の差はありますが必ず金の卵になります。

ためになるものを発信する必要はまったくない

ためになるものを発信する必要はまったくない

ためになるものである必要は全く無いです。
ためになるかどうか判断するのはあなたではなく、発信した内容を受信するだれかです。
価値観は人それぞれなので、あなたが他人の価値観を決める必要はないからです。

Youtuberやゲーム実況動画などをみるとよくわかりますが、特に人生にとってためになるものではないですよね。(とわたしは思ってますが、世界の誰かからするとものすごく人生にとってためになるものかもしれません。)

わたし自身も「弾いてみた」や「歌ってみた」を観ることがあるんですが、正直言って本家のプロの演奏やましてミキシング・マスタリングをきちんとプロのエンジニアが調整したCD音源からしたら超クオリティ低いので、その視点だけでみるとしょうもないと思いつつも「他の表現として聴いたらこの曲はどう聴こえるんだろう?」みたいな好奇心からみてしまいますし、わたしが受けたその価値は発信者にアクセス数や評価、広告の再生による収益化、気に入った人はチャンネル登録数という形で還元されています。

「面白おかしい」といった娯楽性だったりとか、「いつものあの人のあの声あの顔が見れる」という寂しさを紛らわせたりする安心感だったりとか、時間つぶし、たんなる友達や井戸端会議でのネタだったりとか、単なる好奇心など、あなたの想像もつかないことや、どう考えてもしょうもないと思うことに別の誰かは大きな価値をおいて時間とお金を払っているものです。

それがインターネットが始まってからのこの世界の仕組みです。
そしてこれから5G・AIの世界になったり、発展途上国の多くがインターネットに繋がったり、世界共通言語(自動翻訳など)が作られていくとこれがより加速します。
素晴らしいことに、規模の大小はあれどやりたいことをやりながら生きていけるような世界になってきているのです。

特に日本人はほとんど誰でもインターネット環境+パソコンもしくはスマホを持てて発信できるほど裕福な国なので、世界の中でもここまで恵まれた国民はほぼいないと思います。

とはいえ正直最初は全く稼げないのは覚悟しておくのがいいです。
というか稼ぐつもりでやらないであくまで好きなことをやって、それを発信するという考えでいるのが続けるコツです。
大体1年位継続すると月1〜3万くらい安定して稼げるようになっていくので、そうすると価値を誰かに提供できている感も出てきてモチベーションアップに繋がるでしょう。

そうなったときにもっと稼ぎたいと思ったら、振り返ってどんな人達が自分のフォロワーになっているかを分析し自己反省して、これをどうやってブラッシュアップして品質をあげられるか、フォロワーにどれだけ貢献できるかというのを考え実行すると、そこから爆発的に稼ぎが増えていきます。

年収1000万超えの人は全労働人口の4.48%

ところで95.52%以外の人は副業できないと言っていることについて補足しておきます。

年収1000万超えの人は、全労働人口の4.48%ほどいます。
学校のクラスに例えるとクラスの内1人か2人くらいは1000万以上稼いでることになりますね。

サラリーマンで年収1000万を超えてくると、責任と仕事の量が膨大になり本業の忙しさが尋常ではないので、副業できる環境は整っていても正直副業をやっている暇はないと思います。
なので、この人達を除いた95.52%の人は好きなことを副業でやって稼げるよという話です。

ただ、この辺の世渡りのうまいひとは、面倒な仕事は基本部下に任せて自分は早く帰るようにして、早く帰った時間で副業をするようにしています。

そんな人は降給させられるだろとか普通の人は思っちゃうんですが、企業は降給させるには1年以上かかる上に、一度昇給させた人を降給させるにはかなりの理由が必要になってきます。
なので世渡りのうまい人はその間に副業を固めてしまっているので、当の本人はむしろ降給させられることによって、自由な時間が増えた=もう1つ副業増やせてラッキーくらいに思っています。

ただし例外の人がいて、「仕事=趣味」みたいな人ってどこの会社にもいると思います。
こういう人の場合は搾取とかではなく単純に会社の仕事が超楽しくて仕方なく、充実した幸せな毎日を過ごしているので、正直こういう人こそサラリーマンに向いてて社内出世していくんだろうなと思います。

そうでない人は、安定収入のためにサラリーマンを継続し、好きなことは仕事終わってから好きなだけやって副業で継続してインターネットで発信という考え方がおすすめです。

その間に投資も少しずつ勉強すると、目標達成はスピードアップできますが、好き嫌いはあると思うのでお好みで。

そもそも副業どんなのあるの?って人はWeb探し回ってもいいんですが、こういうのは雑誌や本で体系的にまとめられている方がサクッと全体像がわかるのでおすすめです。Webだとどうしても断片的な知識になってしまうので。

5GになるとYoutubeはこれ以上に爆発的に伸びると言われているので、Youtubeを始めるのはおすすめです。
やり方がわからない方は、学校や会社では教えてくれないので独学しましょう。体系的に学んで効率よく進める場合は多少お金はかかりますが、書籍や情報教材のほうがWebで探し回るより学習の時間短縮ができるのでおすすめです。