【税金対策】副業ブログで経費計上できそうな項目一覧

2019年6月15日

【税金対策】副業ブログで経費計上できそうな項目一覧

【税金対策】副業ブログで経費計上できそうな項目一覧

副業でブログを始めると初心者でも白色申告で経費計上できるようになります。

経費を計上すると所得が減るので税金が減ります。ちなみに白色では本業との損益通算はできません。

詳しくは「副業初心者必見!税金対策に経費計上して節税&収入アップしよう」を参考にしてください。

初心者でも数千円〜数万円の節税効果は見込めるでしょう。

収益が上がっていって事業として認められるようになれば、青色申告が使えるようになりいろいろな支出を経費計上できるようになっていくので、総合的に生活の質が上がります。

そこを目指していきたい所ですが、そもそもどんな経費を計上できるのか?というのは初心者のうちはわからないですよね。

今回はブログなどWeb系のメディア業を副業として行う際に経費計上できそうな項目をまとめていきます。

ブロガーの経費項目一覧

基本的にブログを書くために必要なものすべてが経費として申請できます。

  1. パソコン購入代
  2. パソコン周辺機器購入代
  3. レンタルサーバー&ドメイン代
  4. 通信費(有線&Wifi)(だいたい50%位を経費として計上する)
  5. スマホ代(だいたい50%位を経費として計上する)
  6. 本の購入代金
  7. ブログ記事作成のための各種バス代電車代タクシー代など移動費、入園料など
  8. カフェでブログを書く場合はカフェ代
  9. ブログ仲間との外食費
  10. 自宅でのブログ執筆に対する面積で割った家賃や水道光熱費(だいたい30%位を経費として計上する)
  11. メイク系など見た目に関するブログの場合は化粧品代・美容代
  12. ペット系のブロガーならペット用品
  13. ゲームブログならゲーム機代やソフト代
  14. セミナーやカンファレンスへの参加費
  15. 冠婚葬祭費(ブログ仲間関係のみ)
  16. ブルーライトカットメガネ
  17. パソコンデスク
  18. デスクチェア
  19. 外注費
  20. ブログで使っている有料アプリ代

ブログのように日常のあらゆることが事業関連の行動になる仕事は、経費として計上できる項目もかなり多いです。

飲食店とかだとこうはいかないので、ブログとかWeb系メディア業は節税面では最強ですね!

必ずしもすべて受理されるわけではありませんが、もし受理されなくても「あ、これ意外とダメなんだ」とわかってそれ自身がブログネタにできますね!

もちろん経費として計上する場合レシートや領収書は必須なので必ず取っておきましょう。

日本一売れてる税金本「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」の著者である税理士の大河内 薫さんも「領収書=お金」だと言っていますね。

初心者の場合年間195万以下くらいしか稼げないと思うのでこのレベルだと税率が約5%なんですが、「5%の人は1万円の領収書=500円」の価値を持つので必ず取っておきましょう!

領収書は過去7年分は補完しておきましょう。

上記の経費を計上しても、税務署が見たときに「むむむ、怪しいな。これ経費じゃないんじゃない?」と思われると税務調査が入ります。

そのときに証拠として見せられるように、きちんとすべて保管しておきましょう。

12ファイルあって月ごとに整理できる上にスッキリスマートなので、下記のファイルはおすすめです。

1400円くらいなので月120円ですね。

このファイルも経理用の備品として経費として計上しましょう!