【天命を探す】他人への不満という泥の中に才能のタネが眠っている説

【天命を探す】他人への不満という泥の中に才能のタネが眠っている説

【天命を探す】他人への不満という泥の中に才能のタネが眠っている説

こんにちは

yoshi(@yoshiblogsite)です。

「なんでこんなかんたんなことがこの人はできないの?」
「すごい低品質のサービスだ!」

そんな他人への不満を持ったことはないでしょうか。

そしてそのとき他人を攻撃していないでしょうか。

もったいないですね。

そのときあなたは自分が生まれた意味を見つけるチャンスを逃しているんです。

自分が当たり前にできることに不満をもったら立ち止まる

自分が当たり前にできるかんたんなことができない人って意外といませんか?

時間通りにくる、なんて当たり前なことが全然できない人もいます。

食べすぎない、太らない、ということができない人もいます。

もっとビジネスに直結した感じなら、メルカリやPaypayフリマ、ヤフオクみたいなネットオークションの個人取引です。

  • メッセージのやり取りが下手で会話しにくい
  • 連絡が遅い
  • 発送が遅い
  • 梱包が雑

など、取引をたくさんすると不満に思うことが出てくると思います。

「こんなのちゃんとするの当たり前だろ!!!」

そう怒るのもわかりますが、立ち止まって考えてみましょう。

才能のタネを探す

あなたが当たり前だと思っていることができない人がいる。

それは明らかに「あなたがその人より優れている能力を持っている証拠」ではないでしょうか。

それはかすかですが、あなたの才能の光ではないでしょうか。

当たり前だと思っているということは、それはあなたにとって「すべきこと」ですし、苦痛にも感じていないでしょう。

そんなこと考えたこともないかもしれません。

でも、あなたが不満を抱いた相手はその当たり前のことができないのです。

あなたとその人の差はまさに越えられない壁です。

それはあなたが圧倒的な才能をその分野に持っているという証拠になります。

才能のタネを育てる

不満を持ったら相手を責めている暇はありません。

せっかく脳が活性化しているので、そのエネルギーを自己成長に使ったほうがいいです。

  1. 自分が何に不満を持ったのかをメモる
  2. その「当たり前にできること」が役に立つ仕事を考える
  3. 今の仕事とマッチしていないなら転職や起業、副業を考える

すぐにこれを実践しましょう。

働けないというニートや、フリーターみたいなありふれた仕事にしかつけないと自分で思い込んでいる人こそ、才能の持ち腐れをしている可能性があります。

例えばさっきのネットオークションの例だと、もう直接的にEC(通販)事業でめちゃくちゃ才能を発揮できるでしょう。

発送・梱包のプロになれると思います。

そしてそのメソッドを自分なりに噛み砕いてマニュアル化し、その才能を持たない人を教育することができるなら、そこにまた才能を発揮する道が隠されているでしょう。

もしくは、その不満の本質が「受け取る相手が気持ちよく受け取れるように、当然やりとりも梱包も発送もスムーズに行うべきだから当然のようにわたしはやっている」というものであれば最強です。

それはすべての仕事において根本的に大切な「他者を喜ばせる」という才能を、すでにあなたは備えているからです。

まとめ:【天命を探す】他人への不満という泥の中に才能のタネが眠っている説

いかがでしたでしょうか。

他人への不満という泥の中に才能のタネは眠っているのではないかと思います。

もし「当たり前のこと」ができない人を見つけたら、その人を責めるエネルギーをさくより自分の才能を育てるエネルギーにしたほうがいいのではないでしょうか。

他人は変わりませんが、自分は変えられます。

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

自己啓発

Posted by yoshi