先延ばし癖を直してToDoリストをみるみる片付ける方法

2019年6月3日

先延ばし癖を直してToDoリストをみるみる片付ける方法

先延ばし癖を直してToDoリストをみるみる片付ける方法

先延ばし癖は5秒以内に着手することで防ぐことができるらしいです。

どうやら5秒を超えると人間の脳はやらない言い訳を考え始めてしまうそうです。

なので、脳が自動的にそんな言い訳を考え始める前に、5,4,3,2,1、GO!というようにカウントしてやり始めてしまうことが先延ばしを防げる方法です。

ただし先延ばししたほうが良いこともあります。

それは先延ばしした方が成果が上がることです。

しかし、大抵のこと、特に洗い物のような家事は5分〜10分程度の短時間で終わることが多いので、5秒の法則で片付けてしまったほうが良いです。

結婚してる方なら奥さんを怒らせずに夫婦円満でいられるし一石二鳥ですね!

後回しにするとパフォーマンスが下がる

やらないといけないことを放置しておくと、パソコンでバックグラウンドで動いてるアプリみたいに、ずーっと薄っすらとパフォーマンスを下げてしまうそうです。

パフォーマンスが下がったまま勉強や遊びをするよりも、片付けてから思いっきりやれたほうがきっと幸せですよね。

もし、手を付けるのに大きすぎるもの、難易度の高いものはタスクを分割するというタスクに5秒で着手しましょう。

着手すると言っても頭の中だけでも十分だと思います。

頭の中で分解してやる順序を計画するのです。

そして、それが終わり次第順に5、4,3,2,1とカウントして手を付けていけば良いのです。

例えば家事をやる、じゃなくて掃除機をかける、洗い物をする、というようにやりやすい粒度に分割することが大切です。

ハードルを下げよう

習慣化ができなくなるのと同じで、ハードルを下げないと人間は短期的なタスクを実際よりもハードルを上げて想像しがちです。

なので細かくすることで心理的なハードルを乗り越えられる高さにしないと、ついつい先延ばししがちになってしまうわけですね。

例えば火をつけるのって火起こしすると超大変ですよね

でも燃え始めちゃえば楽です。

だから、わざわざ火起こししなくてもチャッカマン使えるならそれ使えばよくない?火起こしなんてハードル高いことしなくて良くない?ということです。

チャッカマンならすぐ火をつけるとなっても億劫ではないですよね。

1つ1つのやることのハードルを、無理のない高さまで下げるのが大事です。

先延ばし癖を直してToDoリストをみるみる片付ける方法まとめ

  1. 5秒以内に着手する
  2. 大きいタスクは小さく分解する
  3. 後回しにするとパフォーマンスが下がる
  4. 着手が億劫でなくなるくらいまでハードルを下げる

5秒の法則は有名で、しかもすぐに実践できる効果的な方法です。

ぜひ今から5秒で始めてみましょう!