プログラミングは超簡単【稼ぐだけなら】

2019年5月16日

プログラミングは超簡単【稼ぐだけなら】

プログラミングは思っているより簡単です。

でも難しい側面もあります。今回それについて話します。

プログラミングに興味を持ってる人が増えていますよね。

  • 手に職
  • 人材不足で市場が求めている
  • 今後も需要は増えるが人口が減るため需要は増加
  • 言語がいろいろあってそれぞれ需要があるため需要がなくなる恐れはない
  • 世界共通語
  • 世界のどこでも仕事ができる
  • 最低限必要なものはパソコンだけ
  • 稼げるらしい
  • 頭良さそう
  • 仕事で技術的なコミュニケーションが取れるようになる
  • プロトタイプから自分の事業を作るのも夢じゃない

パッと思いつくだけでも、プログラミングを覚えるとかなりのメリットがありますよね。

でも、プログラミングってそれだけメリットばっかりなら覚えるの大変なんじゃ?と足踏みしている方も多いです。

この記事ではそんな方を、プログラミングエンジニア歴仕事で6年、趣味で10年のわたしが背中を押してみようと思います。

プログラミングはパズルだからコツを掴めばいい

結論を言ってしまうと稼げるようになるのは非常に簡単です。

イメージ的にはプログラミングは文字と論理の塊のパズルです。

実際プログラマーはコードを読んだとき、ざっとブロックでコードを把握し、コードに含まれるワードから内容を推測しながら読み進めていきます。

この処理はだいたいこのブロックに書いてあって、このブロックがこのブロックに繋がっていて、その中をこれこれこういったデータが流れているというように見ています。

コードを書いてプログラミングするときも同じくパズルで、組み込み関数と呼ばれるデフォルトですぐに使える処理を組み合わせたり、それを組み合わせることすら大変なときはライブラリやフレームワークという、すでに処理を組み合わせて特定の機能を実現したものをパズルのように組み合わせています。

プログラミング未経験者や初心者は、文字を一文字一文字見て、一文字間違えただけで動かなくなるなんて大変だ、わたしには無理だと思いがちなんですが、特定の機能を持った文字のブロックをパズルのようにコピペして組み合わせていく感覚を知ると、一気に簡単に感じるようになるでしょう。

仕事としてのプログラミングはほとんどコピペです。関数をコピペしたり、変数をコピペしたり、関数や変数の塊であるクラスをコピペしたり、処理の本質的なフレームの部分だけコピペしたり…

稼ぐだけならプログラミングはほとんどコードのコピペとパズルでできるので、肩肘張ってた人からすると肩透かしを喰らうかもしれません。

ただし職人エンジニアの域はレベルが違う

わたしの今までの経験でも、100人のプログラミングエンジニアがいたら数人しかいない希少種なエンジニアがいます。

どんなエンジニアかというと、職人気質のエンジニアです。

プログラムコードの美しさやパフォーマンス、保守運用のやりやすさ、バグをいかに効率的に防ぐか、など、職人気質のエンジニアはプログラミングに求めるレベルが他の大多数の人とは全然違います。

変数名を略すか略さないか、データ取得を行う関数の単語の選定はgetにするかfetchにするか、何かデータを取得する関数にgetをつけるかつけないか、大文字にするか小文字にするか、処理のパフォーマンスをとるか読みやすさを取るか、自分以外の人が見たときに分かりやすくコメントをいれるか入れないか…

長期的には絶対に良いことですし、わたし自身も時間が許す限りこれらにこだわってプログラミングをしますが、正直これはお金にはなりません。趣味です。

なぜならお金は基本的にアプリケーションを作り上げることに対して払われるからです。
お金を払う人はアプリケーションしかみないですし、中身のコードがキレイだろうが汚かろうがお金を払う人からしたら関係ないのです。

フリーランスなど転々とする職では特にその傾向は強いので、できるに越したことはないですが、そこまでのスキルを求めなくてもお金は稼げると思います。

DustinBoswellらのリーダブルコード・AndrewHuntらの達人プログラマー・KentBeckらのテスト駆動開発あたりはある程度プログラミングを経験した人はまず読んだことがある本です。

いかに美しく安全なコードを書いていくか、初心者にもわかりやすい形で密度高く書かれている名著だと思います。

稼ぐだけならプログラミングは超簡単なので、PHPからはじめてみてはいかがでしょうか

ということで、稼ぐだけの目的ならプログラミングは超簡単です。

エンジニアで飯を食ってる人間がいってるので間違いないです。

腕が上がってきたら趣味としてどれだけ美しく、パフォーマンスの出るコードが書けるか磨き上げていくこともできます。

スキルが身についていった先もいくらでも腕を磨けるというのは、いつまでも成長感を感じることができるスキルでもあるのでモチベーションも上がって楽しいかと思います。

個人的にははじめてのプログラミングはWeb系の言語、特にPHPがとっつきやすいはずなのでおすすめしています。

初心者PHPプログラマーのススメ【副業や趣味ではじめても無駄にならない】

独学でまずは勉強してみてもいいと思いますが、人に教えてもらいながら進めるとプログラミングはかなりスピードアップして学習できるので、最初だけはスクールに通ってみるのもおすすめです。

一人だと超初歩的なところでいちいち立ち止まってしまって数時間無駄にするっていうことがあるんですが、知っている人がつくと5秒で解決というのはプログラミングの世界ではざらに起きることです。

なので、全くの初心者の方にはスクールもおすすめしています。

TECH:CAMPのような未経験者〜使えるエンジニアになる=サービス作成経験のあるエンジニアになるところまでを短期集中で提供しているスクールもあります。

メンターが常時ついてくれるので、一人だと数十分・数時間悩むバグや疑問も一瞬で解決できることが見込めます。

すぐにでもプログラミングを身につけて稼ぐという目標がある方は、利用してみましょう。