【ポケモン剣盾】ギギギアルの育成論と対策【新ミミッキュキラー!鋼2連撃】

2020年1月18日

【ポケモン剣盾】ギギギアルの育成論と対策【新ミミッキュキラー!鋼2連撃】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

昨日ストリンダーの「ギアチェンジ」という技にフォーカスした育成論を書きましたが、そのとき発見したのがもう一体の「ギアチェンジ」使いであるギギギアルです。

ストリンダーは紙耐久&中速で使いにくいという人は、このギギギアルというポケモンを採用してみるといいかもしれません。

後述しますが、シーズン2で流行している対面構築にありがちなミミッキュ・襷持ち(パルシェンなど)に刺さります。マイナーポケモンと思っていると痛い目にあうかもしれませんね。(実際何回かシーズン2で当たりました。)

ギギギアルの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【ギギギアルの特徴1】鋼単タイプ

鋼タイプはそのタイプ受けのできる範囲の広さが有名ですよね。

環境でたまにみかけるのはダイオウドウくらいでしょうか。

18タイプのうち11タイプも半減以下におさえることができます(ちなみに風船をもたせると地面も効かなくなるので12タイプに強くなります)

弱点となる炎・地面・格闘という3タイプは環境に多いですが、天候や持ち物、一緒に組むポケモンを工夫することで対策できるでしょう。

  • 炎:天候を雨にするポケモンと組むことで炎を等倍で受けられる。
  • 地面:風船を持たせると攻撃をうけるまで地面無効になります。飛行ポケモンと組ませても相手はうちにくくなるでしょう。
  • 格闘:ゴーストポケモンと組ませると相手はうちにくくなるでしょう。また、格闘はダイマックスで威力が落ちるので1発は耐えられるでしょう。

【ギギギアルの特徴2】物理耐久が高くその他種族値もそこそこ

ギギギアルはマイナーポケモンですが、物理耐久が115もあります。

HPが種族値60と残念な低さなので、特化させないと使い物になりませんが決して使えないレベルではありません。

特防も85と中程度の耐久性能をもっていますので、HPに努力値をふれば相手の特殊攻撃を1回は耐えてくれるようになりそうですね。

特攻は低いので特殊アタッカーにするのはやや無理がありますが、物理攻撃種族値は100あり、1回積むことができればやりあえる強さを見せてくれます。

そして鈍足かと思いきや素早さが以外にも90もある(ストリンダーの75族より15も速い)ので、多くのポケモンの上を取ることもできます。

【ギギギアルの特徴3】全抜き積みエース化するギアチェンジ持ち

ギアチェンジという技は

  • 攻撃1段階UP
  • 素早さ2段階UP

という効果を持ちます。

ギギギアルの攻撃種族値が100なので、1回積めばやりあえる強さになります。

むしろダイマックスで技の威力も上がるので全抜きに移行することもできます。

【ギギギアルの特徴4】化けの皮・襷潰しのギアソーサー持ち

そしてもう1つのギギギアル固有の技がギアソーサーです。

ギアソーサーはドラパルトのドラゴンアローのように、威力50の鋼わざを2連続でうつことができます。

つまり、化けの皮ミミッキュや襷パルシェンといった非常に強力だが鋼弱点かつ低耐久(パルシェンは初手殻を破るので紙耐久になる)のポケモンを簡単に狩ることができます。

基本的に襷持ちは紙耐久なので、2連撃は強力です。

【ギギギアルの特徴5】ドラパルトと同じクリアボディ持ち

ドラパルトの強さの1つに能力値を下げられない「クリアボディ」を持っているという点がありますが、ギギギアルも実は夢特性でクリアボディを持っています。

1回ギアチェンジをして積みエースになったギギギアルでダイマックスの撃ち合いになったときにも、能力値を下げられることがないので安定した戦いができるでしょう。(例えばダイドラグーンで攻撃を下げられたりダイホロウで防御を下げられたりすることはドラパルト対面やミミッキュ対面でよくあると思いますが、すべて無効化できます)

ギギギアルの育成論と戦い方

ギギギアルはいわゆる厨ポケのように単純なぶっぱで活躍できるような単純なポケモンではないので育成は難しい中級者以上のトレーナーから扱える部類だと思いますが、今回はその中の案を紹介します。

【ギギギアルの育成論1】化けの皮・襷狩りギギギアル

【ギギギアルの育成論1】化けの皮・襷狩りギギギアル
  • 性格:ようき(素早さ↑特攻↓)
  • 特性:クリアボディ
  • 個体値:C抜け5V
  • 努力値:A252/S12/H236/B4
  • もちもの:いのちのたま
  • わざ:ギアチェンジ・ギアソーサー・ワイルドボルト・からげんき

初手ギアチェンジからの次手ギアソーサーでミミッキュを倒す型を考えます。
ついでに襷持ちのパルシェンも倒せます。

性格・個体値・努力値:
ギアチェンジ後に一般的ないのちのたまミミッキュを倒せるようにするため、A252は確定です。
Sはギアチェンジ後に一般的な準速殻を破る後のS+2パルシェン抜きでS12の性格はようきです。
HPは2n+1の奇数調整でH236(実数値165)。
防御はあまりのB4です。

もちもの:
いのちのたま確定です。
というのも、ギアチェンジをしてから動くのでこだわり系は論外ですし他の火力UP系のもちものはH4パルシェンをギリギリ倒せないからです。(ちなみにいのちのたまでもギアチェンジを積んだ状態でH20パルシェンまでなら確定1発、それ以上は乱数になります。)
一応いじっぱりA252ならこだわりハチマキを巻けばギアチェンジせずとも乱数1発でH4パルシェンを落とせるのでありかもしれませんが、今回はギアチェンジ前提の型なので除外します。(いじっぱりA252たつじんのおび+ギアチェンジでもH4パルシェンは乱数です。H4ミミッキュは達人いじっぱりでも確定で落とせます。)

わざ・戦い方:
ギアチェンジ→ギアソーサーという動きなのでこの2つは確定です。
この動きで一般的なミミッキュとパルシェンは狩ることができます。
あとの2つはダイマックスしたあとの技範囲を広げるためにワイルドボルトと火傷や麻痺が飛んできたときに強くなれるからげんきを採用してみましたが、他には下記のような技が選択肢に上がるでしょう。
・じゅうでん:特防を上げつつワイルドボルトの威力を2倍にできます。
・ギガインパクト:ダイマックス時のノーマル技威力UP
・でんじは:麻痺まき
・ねむる:カゴの実やラムの実と合わせて使う人がごくごく稀にいます。2回ギアチェンジして眠ってから戦う感じですね。
・だめおし:唯一の悪技。威力60なのでダイマックスして使う前提
・みがわり:受けポケモンを積みの起点にしたり相手のダイマックスターンを枯らしたり便利です。

ギギギアルを紹介している動画があったのではっておきますね。調整内容は不明です。

【ギギギアルの育成論2】先発トリックルームギギギアル

【ギギギアルの育成論2】先発トリックルームギギギアル
  • 性格:れいせい(特攻↑素早さ↓)
  • 特性:クリアボディ
  • 個体値:AS逆V。HBCDはV
  • 努力値:H252/C252/B4
  • もちもの:きあいのタスキ
  • わざ:トリックルーム・てっていこうせん・ボルトチェンジ・パワージェム

戦い方:
このギギギアルは先発でトリックルームをはり、相手を削りつつ自主退場するところまでが仕事です。てっていこうせんがききにくい相手、もしくはてっていこうせんで自主退場できない場合はボルトチェンジで退場しましょう。

性格・個体値・努力値:
トリックルーム前提なのでS逆V、Aはオーロンゲ・ブラッキー・バルジーナがよく持っているイカサマのダメージを抑えるために逆V推奨ですが妥協しても全然OKだと思います。
努力値もトリックルームをうっててっていこうせんをぶっ放して自主退場するだけなので、Cぶっぱです。なにかの間違いで普通に生き残ることもあるので、そのときのためにHもぶっぱ、Bはあまりです。

もちもの:
確実にトリックルームをはるためにきあいのタスキ確定です。
ちょうはつ警戒でHB型にしてメンタルハーブをもつのもありですが、ダイマックスを切られたときや初手ドリュウズ、特殊ドラパルト、フレアドライブヒヒダルマ対面で何もできずに倒れることがあるのできあいのタスキの方がいいでしょう。

わざ:
トリックルーム・てっていこうせん・ボルトチェンジは仕事を果たすために確定ですがあとは自由です。
・でんじは:ボルトチェンジで帰ってから後半で運ゲーを仕掛けるときや、目の前の相手を倒さず後続で積みたいときに
・かみなり・10万ボルト:ギャラドス・アーマーガア・ドヒドイデ用。アーマーガア・ドヒドイデは後続と協力して倒しましょう。
・ギアソーサー:HA振りにすれば使えますが、てっていこうせんによる自主退場時の威力が下がります。ただ、ミミッキュ対面が多いのでこちらを採用するのもありですね。

一緒に組むポケモン:
後続に置くトリルエースとしては積まなくても強い弱点保険ドサイドンや鈍足弱点保険バンギラス、ローブシン、ギガイアスなどが強力でおすすめです。

ギギギアルの対策

ギギギアルはドリュウズに有効打を持ちません。

そのため、ドリュウズを選出しておけば間違いないでしょう。

ただ、ギギギアル側もそれはわかっているのでドリュウズのいるパーティにはなかなか選出されてこないと思います。

また、ギギギアルは基本的に初手変化技を使うのでちょうはつも有効です。

Sを最大に振っていることはほとんどないため、素早さ種族値90といっても実際はそこまで早くなく、上からちょうはつが通りやすいでしょう。

まとめ:【ポケモン剣盾】ギギギアルの育成論と対策【新ミミッキュキラー!鋼2連撃】

いかがでしたでしょうか。

マイナーポケモンの1体ギギギアル、ミミッキュや襷パルシェンといった対面性能の高いポケモンが流行っている環境で活躍できるので、育てて使ってみてもいいかもしれませんね。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

他の構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。