【ハイドラ・ハイカス】【基礎編】スプラトゥーン立ち回り考察

2019年5月25日

【ハイドラ・ハイカス】【基礎編】スプラトゥーン立ち回り考察

全ステージ・ルールに通ずる基本立ち回りのメモ。

いろんな上級イカによる内容のまとめ。
ハイドラに限らず全ブキに通ずるコツ。らしい。

  • 歩き撃ち
  • 有利対面を意識
  • 強ポジを意識
  • 味方の枚数を意識
  • カウントを意識
  • 長射程ブキを意識
  • ジャンプ撃ち
  • 壁に引っ付く
  • キャラコン

応用編
S+になったハイドラ・ハイカスがウデマエを上げるために必要なこと【スプラトゥーン2】

歩き撃ち禁止

弾を撃つ目的は主に4つ

  • 塗り
  • キル
  • 牽制
  • サポート

このうちキル目的で撃つ場合は「確殺」
ミスったら「退避」

ハイドラの場合、キル速と射程が他の多くのブキに比べて暴力的に強い。
天敵はキル速最速のローラーとチャー。チャーについては射程でも負けることがある。

代わりに「致命的に足が遅い&チャージが遅くてすぐ撃てない」という特徴がある。

なので、フルチャで敵が射程に入るまで無駄撃ちせず、射程に入ったら確殺する。
確殺できたら塗り拡げる&圧力をかけるためにフルチャを撃ち切るのもあり。

キルをミスったら、追っても足が遅いためにたいてい逃げられる&他のイカから横から刺される&詰められたら足が遅いのでやられる可能性も上がるので、イカキャンして場所を移動し有利対面を作るように仕切り直す。

ハイドラはキルブキなのでキルミスが少ないほど貢献できるはず。

ただし足の遅さに慣れてきたら逆に歩き撃ちを混ぜていって、敵のエイムをずらしていく。

もちろんこちらのエイムは合わせられるエイム力が必要なので、最低限そのスキルを練習して身につけてからがおすすめ。

有利対面を意識

歩き撃ちを禁止することで、有利対面を意識するようになる。

  • 敵の射程は届かずこちらの射程は届く
  • 敵は狙いにくくこちらは狙いやすい
  • 敵は逃げにくくこちらは逃げやすい

という盤面を意識してキルにかかる。

これらの条件を満たすほど、一方的な暴力で制圧できる。
満たせないほど通信環境による運と、プレイヤースキルに依存してミスが増える。

強ポジを意識

ステージごとの強ポジを意識していかにしてそこにたどり着き居座るかを考えて行動する。

ステージによってはそこを抑えることで敵を長時間制圧できる。

強ポジ=有利対面を作りやすい場所なので、各ステージごとにここを知っておくと勝率が上がる。らしい。

味方の枚数を意識

味方3落ちなど圧倒的不利な状況で敵陣付近にぼっちで残ってしまった場合の行動は

  • センプクして背後から敵を確殺
  • 少し下がって味方のイカジャンポイントになる
  • リスポンにイカジャンで戻って味方と足並みをそろえる

の3択。ハイドラは後衛武器なのでぼっちで敵陣はあまりないが、もしそうなってしまった場合はリスポンに戻る方がいい。あまり深入りしていなければ少し下がって味方のジャンプポイントになるのもあり。

ローラーなどと違ってキルまでチャージが必要なので、プレイヤースキル上がってきたらありかもだけどセンプクで対処するのはリスクが高めなのでなし。

カウントを意識

カウントの状況によって行動が変わる。

  • 味方を待ちつつ塗ってスペシャルを貯める余裕がある状況
  • 裏取りを狙っていける状況
  • リスクを負ってもすぐカウントを止めに行かないとまずい状況

ハイドラは基本後衛なので裏取りはない。

逆に一回のフルチャで4枚落とすことも可能なキルブキなので、長射程をいかして積極的に止めに行きたい。

長射程ブキを意識

長射程ブキというか主にチャーの場所は意識しなければならない。

ハイドラは多くのブキに射程で有利対面を取れるが、チャーに関してはキル速でも射程でも負けるので意識していないと知らぬ間に抜かれていることがある。

これらに挑むときはハイカスの場合スペシャル(インクアーマー)を吐いてから挑むくらいが安全。

それまでは足が遅くろくに射程を詰められないハイドラで挑んでも、いい的になって返り討ちにあうリスクの方が高い。

普通のハイドラはインクアーマーがないので対長射程対面が少しきつい。

ジャンプ撃ち

ぴょんぴょんジャンプしながら撃つと少しだけ射程が伸びる。

  • スペシャルがないときに長射程ブキに挑むとき
  • 前衛・中衛の味方の後ろから前線を広げるとき
  • 高所にいる敵を牽制するとき

なんかに使うと効果的

壁に引っ付く

壁のすぐ横は

  • 確殺にミスったとき足が遅いハイドラでもすぐに隠れて退避しやすい
  • 壁の方面からは撃たれる心配がない
  • センプク中にまぐれ当たりで弾が当たることがない
  • 壁際をセンプクで移動するとバレにくい

といろいろメリットがある。

キャラコン

足の遅いハイドラだからこそキャラコンは特に重要

  • 慣性キャンセル
  • 壁キャラコン
  • 壁登り小技
  • etc…

少なくともこれだけは一回覚えておくと生存率が上がる。

あえてレギュラーやリーグでハイドラで近距離戦で戦ってみてキャラコンを鍛えるのも手。

スピナーといえばまぎえーすですが、ここまでキャラコンが使えると勝率も上がりそうですね。