【伝説ポケモン】ウインディの育成論と対策【超強化万能炎】

【伝説ポケモン】ウインディの育成論と対策【超強化万能炎】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

ポケモンソード、ポケモンシールドやってますか?

今回は技範囲も広くステータスのバランスもいい初代からの人気ポケモン、ウインディについての育成論と対策を考えていきたいと思います。

ウインディの基本ステータス

ポケモン徹底攻略という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。

【ウインディの特徴1】バランスの良いステータス

ウインディは全ポケモンの中でも屈指のバランスの良い種族値をしています。

攻撃も特攻も100超えでどちらにも伸ばせますし、防御・特防も80,HPも90とどちらの耐久も伸ばせます。

さらに素早さはミミッキュより1低い95となっており、環境の中の多くのポケモンを抜ける値になっています。

トレーナーによって物理型にも特殊型にもアタッカー型にも受け型にも育てられるので、育成しがいのあるポケモンだと思います。

【ウインディの特徴2】物理相手にはいかくで更に強くなる

ウインディの特性は

  • いかく
  • もらいび
  • せいぎのこころ(夢特性)

となっており、特にいかくは物理ポケモン相手に出せば相手の攻撃を1段階下げることができることから物理相手に受け出ししやすいポケモンです。

本来タイプ相性で不利なはずのいじっぱりギャラドスのたきのぼりに対しても受け出しして、ワイルドボルトで切り返すことができるほどです。

もらいびについてはナットレイやアーマーガア、アイアントといった「炎わざをうてば勝てるけどうたなければ負ける」というようなポケモンと一緒に組むことで発動しやすくなるでしょう。

【ウインディの特徴3】非常に広い技範囲

ウインディは11タイプもの技を使えます。

  1. ノーマル
  2. フェアリー
  3. 格闘
  4. 地面
  5. 電気
  6. ドラゴン
  7. エスパー

13タイプを使えるルチャブルほどではないにしろ、非常に広範囲のポケモンに対応することができる万能な性能を持っていると言えるでしょう。

環境にいる型はある程度技構成が決まっているものの、あえて役割対象とするポケモンをずらして育成することで意表をついて相手を落とすことができるようになるでしょう。

ウインディの育成論と戦い方

ウインディはさまざまな型に育成できますが、ここでは代表的な型を紹介します。

【ウインディの育成論1】ハチマキダイマックス型ウインディ

  • 性格:ようき(すばやさ↑とくこう↓)
  • 特性:いかく
  • 個体値:C抜け5V
  • 努力値:AS252/B4
  • もちもの:こだわりハチマキ(もくたん・たつじんのおび)
  • わざ:フレアドライブ・インファイト・ワイルドボルト・アイアンヘッド

初手や受け出しからの抜群技で1体倒してから、2体目で技の通りが悪くなったときはダイマックスして2体目〜3体目を倒していく型です。

性格・個体値・努力値:
素早さは下記の表のように同族である95族にヒヒダルマなど環境によくいるポケモンがいるため、同速勝負になる場面が多いことからようきS252ぶっぱ推奨です。
攻撃もわざわざ下げて突破性能を下げる必要もないのでA252ぶっぱです。
残りはHがもともと2n+1になっているのでBかDに4ふるのがおすすめです。

もちもの:
ウインディは攻撃種族値が100を超えているとはいえ、そのままでは確定1発で相手を飛ばせるほどの火力ではありません。
そのためこだわりハチマキを始めとする火力UPアイテムがおすすめです。
技範囲が広いことから相手の弱点をつけることも多く、Aぶっぱ+こだわりハチマキ+弱点で相手を落とせないことはほぼないでしょう。
ただ、ダイマックスを別のポケモンに切る可能性がある場合はもくたんやたつじんのおびをもたせてダイマックスしないときの汎用性を上げるのも賢い選択だと思います。

わざ:
タイプ一致で超火力が出るフレアドライブは確定でいいでしょう。
後は役割対象(ウインディで絶対倒したいポケモン)によってカスタマイズするのがおすすめです。
・インファイト:よく採用される。ダイナックルで攻撃UPも。バンギラス・カビゴンなどに
・ワイルドボルト:よく採用される。ダイサンダーであくび対策。ギャラドス・ドヒドイデ・ラプラスなどに
・しんそく:よく採用される。高火力先制技
・アイアンヘッド・アイアンテール:ダイスチルで防御UP。ミミッキュ・ニンフィアなどに
・あさのひざし(タマゴ遺伝):まさかの回復技。
・サイコファング:ダイサイコで先制技封じ。ドヒドイデ・ローブシンなどに
・じゃれつく:ダイフェアリーであくび対策。サザンドラなどに
・かみくだく:通りのいい悪技。20%防御ダウンを狙ってワンチャン受け崩しも。
・げきりん:通りのいいドラゴン技。ダイドラグーンで攻撃ダウン狙いも。
・じならし:素早さを下げて2確を狙うときに
・あなをほる:ダイマックスターンを枯らしたりダイアースで特防UP。

【ウインディの育成論2】チョッキ両受け型ウインディ

  • 性格:いじっぱり(こうげき↑とくこう↓)
  • 特性:いかく
  • 個体値:C抜け5V
  • 努力値:HA252/S4
  • もちもの:とつげきチョッキ
  • わざ:フレアドライブ・インファイト・ワイルドボルト・しんそく

いかくでの物理相手だけでなく、とつげきチョッキをもたせることで特殊相手にも戦いやすくなった型です。

完全に防御によった型ではないので火力もそこそこ出ます。

性能・個体値・努力値:
火力UPアイテムを持たせない分決定力が落ちるので性格はいじっぱり+Aぶっぱがおすすめです。
それに伴い素早さが抜けない相手が増えることから相手の攻撃を受けやすくなるため、Hにぶっぱします。ちなみにぶっぱで2n+1調整です。
あまりは無振り準速95族を抜けるS4です。
ちなみに物理型ではなくHC252のひかえめにすることで特殊型にもできます。
また、AにぶっぱせずにB44をふることでようきギャラドスのダイストリームを威嚇込みで耐えることができ、ワイルドボルト+しんそくで切り返せます。

もちもの・わざ:
もちものは言うまでもなくとつげきチョッキです。
わざも前述したハチマキ型同様幅広い選択肢があるのでパーティによって選ぶのがいいでしょう。

とつげきチョッキウインディを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。

また、その他育成論を上げているトレーナーがいたのではっておきますね。

ウインディの対策

メインウェポンの炎と、採用率の高い電気を半減以下で受けられるポケモンがまず対策にあがります。

  • ヌオー
  • トリトドン
  • ウォッシュロトム

草技は特殊ウインディが覚えるものの、採用率は高くないので大抵はこれらのポケモンで対策できます。

高速高火力の水ポケモンも対策に上がるでしょう。

  • インテレオン
  • カマスジョー

スカーフウインディでないかぎり、いのちのたまやたつじんのおびをもたせたこれらのポケモンで一撃で葬ることができます。

炎タイプなのでステルスロックをまいておくことも有効です。

  • カバルドン
  • コータス

まとめ:【伝説ポケモン】ウインディの育成論と対策【超強化万能炎】

いかがでしたでしょうか。

バランスの良い炎ポケモンウインディ、まだ育てたことがない方はぜひ使ってみてください。

では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう!

他の構築については下記記事もおすすめです。
【初心者向け】ランクバトルの基本の3つの戦術【ポケモン剣盾】

長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。
【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。