英語力と出世。年収に関する驚きの関係

2019年5月25日

英語力と出世。年収に関する驚きの関係

英語力と出世。年収に関する驚きの関係

英語が大事だというのは平成からずっと言われていることですよね。

ではどのくらい人生に影響があるのか?本当に英語を勉強することは意味があるのか?

そんな疑問は必ず抱くと思います。

今回の記事ではわたしが調べてみたところの結果をまとめてみます。

年収の低い人は英語力も低い

全国の1000人(※)に語学力と本人の年収を調査したところ、年収700万円以上の人は約半数(48.7%)が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答しました。年収500万円から700万円未満の人では34.0%、年収500万円未満では22.4%となり、英語力と年収の明らかな相関が見られる結果となっています。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000018685.html

明らかな相関があるというデータが出ています。

700万円以上の年収の高い人は2人に1人は日常会話レベルの読み書きができるのに対して、500万円未満の人は4人に1人いるかいないかという少なさでした。

ここまで明らかに相関があると驚きですね。

英語力に比例して年収が上がっています。

これには原因が複数あって

  • 昇進の条件にTOEICの点数が関係してくる場合がある
  • 最新情報はだいたい英語なので人より一歩進んだ未来を歩ける
  • プログラマーなど需要が高く年収も高めの職では英語が役に立つ
  • 転職時に英語が有利に働くことがある
  • 英語が話せる人にしか回ってこない仕事ができる

他にもあると思いますが、目立ったものとしてはこういった条件が英語と年収、出世に関係しているようです。

単純に考えても、「希少価値の高い人材」は高い給料を払ってでも会社にホールドしておきたいのが会社都合ですし、英語力があるというのは現在の日本人全体の英語力から考えるとそれだけで「希少価値」が生まれている状況です。

企業によってはTOIECの点数が昇進に関わる

企業によってはTOEICの点数が最低限の昇進条件として掲げられている企業もあるようで、そういった場合はたとえ実務で使わなかったとしても点数を取らなければなりません。

仕方ないのでTOEICの点数を取るために勉強した結果、日常会話ができるレベルまで英語力が上がっている、という方も一定数いそうですよね。

こういった「とにかく点数を取れればいい」という方は3ヶ月、6ヶ月など短期集中でTOEICの点数アップが見込めるスタディサプリのTOEIC対策コース、パーソナルコーチプランをおすすめします。

スタディサプリについては「スタディサプリ【本当に効果があるのか】」にまとめています。

英語が話せると最新情報にアクセスできる

日本語よりも英語のほうが世界で話されていますよね。

英語が世界の公用語になっています。

最新情報が出たときは特に企業や研究レベルの情報は「英語」+「母国語」で世界に向けて発信されるので、英語の能力があるということは他の多くの日本人よりも一歩先の情報を掴むことができるということです。

時代の波が日本に来るときは必ずその前に英語圏(特にアメリカ)ですでにその波が来ていることが多いです。

最近では中国も波を起こしているので、英語が母国語のアメリカ人なんかは第二外国語として中国語を学ぶ人も多いとか。

最新情報にアクセスできることで、日本人の多くがまだ知らない一歩先の未来を歩むことができるので、「日本で生きているなら」時代の先取りができるようになりそうです。

そして、それはすでにアメリカなど英語圏で実証されていたりするものなので成功率が高い方法だったりします。

仕掛ける側と仕掛けられる側だとすると、だいたい年収が高い人たちは仕掛ける側にいますよね。

こういった傾向もあるので一歩先を生きたいビジネスパーソンには英語力が必要なのでしょう。

プログラマーなどの実務に役立つ

近年需要が増加の一途をたどっているプログラマーなどのITエンジニア職ですが、やはり最新情報は英語圏が強いです。

また、バグが出たときの解決方法や新しいライブラリ、フレームワークなどの情報も英語のドキュメントは充実していますが日本語のドキュメントはろくにない、というような状況がたびたびおこります。

簡単なバグであれば日本語でも回答がたくさんありますが、難易度が高くなるほど英語に頼らざるを得なくなります。

新しいシステム構成も、英語圏でシェアされていることが多いので、プログラマーのような職には英語力がダイレクトに実務の効率化に繋がっていきます。

日本語で探していたら数日かかっても治らないバグでも、英語で探したら数分で解決、というような世界が広がっているので、会社の評価でも「できる人、できない人」が別れやすそうです。

転職時に有利に働く

英語力があると単純に「外資系」など高収入の転職先に応募できるチャンスが増えますよね。

外資系でなくとも英語力が大事な領域の仕事をしている会社では、TOEICの点数が高い場合に合格しやすくなる可能性も上がります。

企業によってはTOEICの点数で脚切りしているところもあるので、希望する職につくための最低条件になることもあるでしょう。

そして総じてそういった転職先の年収は高くなっています。

できる仕事が増える

転職時だけでなく、社内での仕事でも英語ができることで振られる仕事もあるでしょう。

海外のセミナーやカンファレンスに出張にいって最新情報を集めたりする仕事は、特に英語力がないとただの旅行になってしまうので英語力がある人にしか回ってこない仕事です。

日本企業も国際化が進んでいるので、中東やアジア、ヨーロッパ圏の人と仕事をする機会も増えてきていますよね。

こういったときに英語力がある人は仕事が振られますが、そうでない人はそもそもビジネスコミュニケーションがまともに取れないので仕事が振られません。

できる仕事が変わってきてそれが年収に関係することもあるでしょう。

新規事業立ち上げのときに英語が必須能力だったときに、そもそも英語が話せる人であればそのポジションを狙うことができて結果的に昇進に繋がる、という流れもあると思います。

TOEICで点数が書けるのは700点以上

受験者の約25%しか取れないのが700点レベルです。

800点になると11%、900点になると2%と希少価値はどんどん上がっていきます。

ちなみに外資系は900点以上や満点というのが当然という雰囲気なのでこれは除外ですが、一般的な企業でも730点を足切りラインにおいているところもあるようです。

最近の若い人の間ではスマホアプリなどでの勉強が簡単になってきたのもありますし、優良な企業が700点以上の英語力を求めていたりもするので「700点以下は書けない」というような風潮があるみたいです。

そしてこうした優良企業はやはり年収が高い傾向があるので、結果的に英語力と年収が比例しているということになるのでしょう。

おすすめの英語勉強法

出世したり年収を上げたりするのに英語が有効なことはわかりましたが、どうしても日本人は英語が苦手ですよね。

せっかく「英語を勉強しよう!」と参考書を買っても続かなかった人は結構多いと思います。

ですが、スマホアプリで

  • 継続しやすい
  • 効果が出る

ものが出ているのでそれをおすすめします。

おすすめの勉強法としてはスタディサプリで、わたしも使っていますが忙しい人でも続けやすい勉強法です。

スタディサプリについては「忙しい社会人におすすめの効率的な英語勉強法【スタディサプリ】」にまとめているので良かったら参考にしてください。