Amazonがブラックフライデーをするのでおすすめ商品まとめてみた【2019年ver.】

Amazonがブラックフライデーをするのでおすすめ商品集めてみた

Amazonがブラックフライデーをするのでおすすめ商品まとめてみた【2019年ver.】

こんにちは

44(@yoshiblogsite)です。

Amazonがブラックフライデーセールをやるみたいです。

開催期間は

  • 開始:11/22 金曜日 9:00
  • 終了:11/24 日曜日 23:59

で、エントリーすれば5000ポイントが抽選で当たるそうなので絶対エントリーしておきましょう。

おすすめ商品:生活向上

ということで、持っていると確実に生活の質が底上げされる商品を紹介します。

ブラックということで、色が黒、名前に黒、クロ、ブラック、Blackが入っている商品が対象になりそうです。

Kindle映画レンタルも96(クロ)円で提供されているので、読みたかった本はこの機会にまとめ買いもありでしょう。

  1. ロボット掃除機
  2. 食洗器
  3. ゲーミングチェア
  4. 空気清浄機
  5. ベッド
  6. Mac
  7. 作業デスク
  8. モバイルバッテリー

ロボット掃除機

掃除が嫌いな人も、掃除が好きな人もおすすめなのがロボット掃除機ですね。

しっかり掃除をする場合1㎡あたり20秒ほどかけて掃除していかないといけないのですが、それをやってると毎日数十分を掃除に消費してしまいます。

仮に毎日30分掃除にかけていたら、1か月で900分、つまり15時間も掃除に消費していることになるわけですが、15時間もあれば英語の勉強や読書など新しいスキルアップにも使えますし、副業もできますし、もちろん遊びにさくこともできます。

お金で時間を買えますが、数万円だとしてもそれによって得られる自由時間が相当コスパがいいです。賢い人は100%持っているのもうなずけます。

毎月15時間、1年で180時間も浮くわけですから、この時間でスキルアップしまくってる人との差はつくばかりですね。

いろいろな機種が出ていますが、やはりなんだかんだでルンバが一番いいらしいです。(うちもルンバです。

ルンバ606という機種が手ごろな価格で一番売れています。

Keepaで見てみると価格は3万円弱で推移しているのでブラックフライデーのときにこれよりも安くなっていたら買うのもありだと思います。

食洗器

食器も毎日洗うものです。

食洗器も時間をお金で買うことができる家電なのでおすすめです。

お金がない人ほどロボット掃除機や食洗器を買って時間を生み出し、スキルアップや副業などで稼げる金額をベースアップしたほうが中長期視点で見たときにお得なのは間違いありません。

最近では「エスケイジャパン Jaime 食器洗い乾燥機 工事不要 SDW-J5L」が人気です。

というのも、食洗器って水道工事しないと取り付けできないんですが、この食洗器は工事不要で設置できます。

なので賃貸に住んでいる人でも気軽に買えますし、引越しの時も移動しやすいので人気ですね。

もちろん洗浄力もピカイチ。

Keepaで価格推移を見てみると、Amazon出品のものは4万円前後のようですね。

これよりも安くなっていたら買いでしょう。

ゲーミングチェア

家ではどんな椅子に座っているでしょうか?

デザインのいい椅子もいいんですが、もし腰やお尻が痛くなるようであれば長期的にみていい椅子を買った方がいいです。

ゲーマーはもちろん、ブロガー、ライター、プログラマーなど在宅ワークをする人全般におすすめです。

1日中座っていても疲れない椅子としてはアーロンチェアなどが有名ですが、ちょっと高すぎるのでコスパという面で最強なものを探すと、100%ゲーミングチェアに行きつきます。

【レビュー】おすすめゲーミングチェアを試してきた【AKRACING・DXRACER・COUGAR】」でも紹介したAkracingは特におすすめですね。

ブラックフライデーなので黒いやつが安くなりそうです。

ゲーミングチェアといっても黒いものは普通のオフィスチェアのように見えるので、ゲーミングチェアのカラフルな「ザ・ゲーミングチェア」という主張の激しさが苦手な人にもおすすめ。

スタンダードモデルのOvertureは45000円前後で推移しているので、これよりも安くなるようであれば買いですね。

空気清浄機

もはや空気清浄機を持っていない人はいないかもしれませんが、一応こちらも紹介しておきます。

シャープ 加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000 スタンダード 13畳 / 空気清浄 23畳 グレー KC-J50-Hと、ブラックではありませんがグレーの加湿空気清浄機が今回の値引き対象になりそうです。

子育てママに支持されているようで、ひよこクラブの赤ちゃんグッズ大賞に6年連続で受賞しているそうです。

これから乾燥する時期になりますし、風邪のウィルスもたくさん飛ぶようになりますから加湿空気清浄機はあった方がいいですね。

価格は基本的には23000円弱で推移しているので、この価格を目安に買う買わないを決めていいでしょう。

10月に一時的に大きく値下がりして18000円くらいになっていますが、こういった機会はそうそうこないので。

ベッド

アイリスオーヤマの折り畳みベッドがセール商品にラインナップされていました。

14000円弱で推移しているので、これより安ければ買うのはありでしょう。

MacBook

スペースグレイカラーのMacBookもラインナップされていました。

このブログでも何度もMac推ししていますが、ネットサーフィンだけじゃなく、ブログ書いたりライターの副業したり、プログラミングしたりする場合は100%Macがおすすめです。

直感的な操作ができるので、クリエイティブな発想が消え去る前に滑らかに文字に起こしたりアウトプットができます。

Windowsしか使ったことがない人にはわからないかもですが、一度でもMacで仕事したことがある人はまず間違いなくMacをおすでしょう。

キーの触り心地やタッチパッドの絶妙な感度、フォント、キー配置、マルチジェスチャの対応など使っていて気持ちいいパソコンはMacだけだと思っています。

Keepaの価格推移を見てみると、9月に1度だけ15万円程度まで値下がりしましたが、基本的に20万円弱で推移しているようですね。

ちなみにゲームをやる場合はMacよりWindowsがおすすめです。

自作なら超ハイスペックパソコンが8万円程度で作れるので、PCゲームメインで使う人は「AMD Ryzen2700Xで自作PC作ってみた【83505円】」を参考にしてください。

作業デスク

L字型の作業デスクが6000円くらいで買えるようです。

空間を有効利用することができるので、これを置けるくらいの広さがあれば買うのはありだと思います。

モバイルバッテリー

5000円のモバイルバッテリーがラインナップされていました。

コンパクトで持ちやすく、何度も充電できるということで人気の商品のようです。

個人的に今回のブラックフライデーのイチオシはこれですね。

Kindleのいろんな本が96円均一

いつの時代も読書こそが最強の自己投資なのは変わらないですからね。

ちなみに11/15からやってるので、すでに開催中です。

おすすめ商品:買いだめ

普段使うものはこの機会に買いだめしておくのもありです。

お酒も黒いのがラインナップされていました。

まとめ:Amazonがブラックフライデーをするのでおすすめ商品まとめてみた【2019年ver.】

いかがでしたでしょうか。

ブラックフライデーは、1961年頃からアメリカのフィラデルフィアで始まったセールの日らしいです。

1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年にはかなり広まった比較的新しい言葉で、当日は買い物客で道路が混むことからそう呼ばれている。名付けたのはフィラデルフィアの警察で、人が外に溢れて仕事が増えるために「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされる。当初、小売店などはこの言葉に不快感を示して「ビッグフライデー」という言葉を作ったが、一般には「ブラックフライデー」で広まった。その後、フィラデルフィアの新聞が「小売業者が儲かり黒字になる」という解釈を発表してからは、良い意味で使われるようになった[4]

語源を調べるとちょっと面白いですね。

もしほしいものがあったらこの機会をお見逃しなく!(あとエントリーは忘れずに!1万円以上の購入で上限5000ポイント=5000円相当がバックされます。)

このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。