副業としてせどりを始める初心者が最初にすべきこと、ダメなこと

2019年6月18日

副業としてせどりを始める初心者が最初にすべきこと、ダメなこと

副業としてせどりを始める初心者が最初にすべきこと、ダメなこと

年金や終身雇用が危ないということで、副業意識が上がっている人が増えているようです。

副業としては

  1. ブログ・Youtubeなどのメディア業
  2. クラウドソーシングやバイトなどの時給業
  3. 不動産・株・FXなどの投資業
  4. せどりや転売などの物販業

といろいろな手法があります。

今回はその中でもせどりについて見ていきます。

せどりはオワコンという人もいますが、まだまだ現役の方法であり終わったコンテンツではないです。

むしろこれがオワコンになる時代は来ないと思っています。

オワコンになる副業というのは、

  1. いつでも
  2. だれでも
  3. かんたんに
  4. すぐに
  5. 稼げる

といういわゆる「楽して稼げる」という方法ですが、正直これに当てはまるのは十中八九詐欺なので注意しましょう。

せどりはすべてが「ほどほど」なのが良い

せどりは、ほどほどにリスキーでほどほどに手間がかかり、それでいてほどほどに稼げる方法なのでオワコンにはなりません。

さらにせどりはGAFAに依存しすぎない手法なので、YoutubeやブログのアフィリエイトのようにGoogleというネット上の神の意向によって振り回されることもなくほどほどに手堅い方法です。

商品を安く仕入れて高く売るという、古今東西永久不滅の商売のゴールデン・ルールそのものなので、商売の基本を学ぶのにもいいため初心者におすすめの副業の1つです。

できればクレジットカードと低金利のカードローンを持っている人は、取れる手段が増える分リスクヘッジの点で若干有利です。

クレジットカードを持っていれば、支払いを来月にできますから仕入から売却までに1ヶ月(または2ヶ月)の猶予が生まれますし、低金利のカードローンがあれば万が一1ヶ月で売れなくてもリボ払いにせず低金利で3ヶ月、4ヶ月と売却チャンスを「待つ」という手段を取ることができるようになります。

クレジットカードのポイントが溜まりますし、PaypayやLinePayなどの電子決済と組み合わせると、利益率を爆上げできます。

ですが、もし持っていなくても慣れてくるまではカード類は使わないほうが逆に破産リスクなく安全なので問題ありません。

初心者は勢い余って売れない商品を何十万、何百万円と一気に仕入れたり、値下がりする商品を抱え込んで在庫に悩まされることが無いとも言えないので、そもそもその手法を取れないほうがいいかもしれないということです。

せどりは審美眼や相場感が鍛えられる

せどりを続けていると

  • どこの
  • どんな店だと
  • どんな商品が
  • いつ

安く仕入れられるかというのが見えてきます。

リサイクルショップやドン・キホーテ、デパートや薬局など日常的に使うあらゆるお店で「キラキラ」とその商品が光って見えるようになってきます。

それはそうですよね、その商品を買って自分の知ってるルートで売れば確実にお金が手に入ることがイメージできているわけですから。

また、自分自身の生活でも得します。

審美眼が磨かれてくると、なにか欲しいものがあったときも人より安く買う方法を知ってるわけで、その知識だけでも他の副業では手に入らないスキルだと言えるでしょう。

せどりはすぐに始められる

せどりでまず準備すべきは「売り場」です。

Amazonやヤフオク、メルカリに登録しておけばすぐにでも始められるでしょう。

まず最初に初心者がすべきおすすめの方法は、売り場を準備したら家にある不用品を出品して売却完了までの流れを学ぶことです。

家にあるものを売るなら、リスク0から始められます。

また、本格的にせどりを始める場合に

  • 売り場の準備
  • 売り場攻略法(Amazonならモノレートで調べて利益率計算するなど仕入れ手法の確立)
  • 買い場

と仕入れから売却までの一通りの流れを身に着けなければならないですよね。

全部一気にやるよりも1つ1つ攻略したほうが頭がパンクせずしっかり身につくのでおすすめです。

せどり初心者はこれだけは絶対やっちゃダメ

商品の縦積みはしないようにしましょう。

縦積みとは「同じ商品を大量購入」することです。

本屋で縦に同じ本が積まれているイメージですね。

これをやると、万が一流動性が悪い商品だったり流動性が悪くなってしまった場合に、赤字になってしまいます。

資産=貯金が増えてくれば長期的に在庫を持っても全て売れれば利益になるので、売れるまで待つという手段も取れますが、初心者のうちは資産もないので難しく、商品入れ替えのために赤字で一旦売却となってしまいます。

そしてやるなら新品ものより中古ものを取り扱うことから始めるのをおすすめします。

リサイクルショップを見に行って仕入れるという王道の手法ですね。

他にもドン・キホーテや各種家電量販店、デパートのセールを見るというのもありなんですが、こちらは新品なのでそこまでおすすめしません。

なぜならみんなその店に行けば同じ条件で仕入れられるからです。

中古は値段が比較的に安定しており、そのうえ商品が1つ1つ状態が違うため初心者でも手堅く稼げます。

また、転売もやめましょう。

転売はせどりと違ってチケット転売など、定価で購入して流通量を抑え、独占市場化することで価格をコントロールし、定価以上の価格で売りつける手法です。

基本的にモラルに反する方法なのでチケット転売は法律でも禁止されました。

チケット以外も基本的に転売は定価より高くなる分難しいので、せどりに慣れてマーケットが見通せるようになり、資産も十分にできてから考えるのでも遅くないでしょう。

副業としてせどりを始める初心者が最初にすべきこと、ダメなことまとめ

  • 副業としてのせどりはオワコンにはならない
  • せどりは初心者も低リスクで始めやすくオススメ
  • せどり初心者は縦積みと新品はおすすめしない
  • 転売はせどりとは違うが、これもおすすめしない

これから副業を始めようという方も、まずは家の不用品をお金に変えるということから始めてみてはいかがでしょうか