【スメーシーワールド】ハイドラ・ハイカスのガチエリア解説【ウデマエX】

2019年9月4日

【スメーシーワールド】ハイドラ・ハイカスのガチエリア解説【ウデマエX】

【スメーシーワールド】ハイドラ・ハイカスのガチエリア解説【ウデマエX】

こんにちは

yoshi(@yoshiblogsite)です。

今回の記事はスプラトゥーン2のハイドラ・ハイカスのガチエリアのスメーシーワールドにおける立ち回りを考えます。

ウデマエXのYoutuberによる立ち回り動画を参考にしてみましょう。

他のステージはこちら:【ハイドラ・ハイカス】【ガチエリア】スプラトゥーン2立ち回り考察

red氏

初動は安定のエリア直前。

後述のまぎえーす氏は縁まで登っていますが、red氏は登っていません。

キル力に自身がある人は登ればいいですが、基本はこの動きになります。

その後味方全落ちで低い位置に下がらざるを得ないので、この場合はリスポンジャンプしたほうが良かったと思います。

敵はめちゃくちゃ一気に詰めてきますがしっかり打開していきます。

左高台はハイドラ強ポジなので覚えておきましょう。

トラップはエリアの入り口2箇所に置いているのは注目です。

敵が踏みやすい位置ですね。

エリア内で相打ちになっていますが、本来はデスしない立ち回りができると理想です。

とはいえ通信のラグが発生していそうなタイミングでのデスでした。

裏取りされそうな箇所にビーコンが置かれていたので冷静に壊しにいっています。

敵のローラーの裏取りが上手く、どんどん味方がやられていきます。

スメーシーワールドでは裏取りに注意したいところです。

エリアにトラップを置くより裏取り警戒のトラップを置いたほうが良いステージかもしれません。

しかし味方が強く、しっかり裏取りでやられた分を取り返しています。

その後味方が落ちすぎているときは冷静に前に突っ込まないことが大切です。

味方も「やられた」を連呼していましたが、「やられた」は重要だと言っています。

抑えの時点での立ち位置はまぎえーす氏とも同じ場所になりますので、覚えておきましょう。

カーリングボムの置き撃ちも参考になります。

しっかり抑えができてそのままノックアウトになります。

まぎえーす氏

爆減ギアという防御系ギアでの立ち回りです。

結構珍しいギア構成ですね。

前線0という味方編成です。

スメーシーワールドは長射程ステージなので編成が強いです。

初動は中央エリアの縁の上に進んでいますね。

ナイスダマはしっかりフルチャで狩っていきます。

その後の味方のスペシャルの連携がうまかったですね。

予測置き撃ちは参考になると思います。

そのままノックアウトで勝利という感じです。