【ザトウマーケット】ハイドラ・ハイカスのガチアサリ解説【ウデマエX】

2019年8月25日

【ザトウマーケット】ハイドラ・ハイカスのガチアサリ解説【ウデマエX】

こんにちは

yoshi(@yoshiblogsite)です。

今回の記事はスプラトゥーン2のハイドラ・ハイカスのガチアサリのザトウマーケットにおける立ち回りを考えます。

ウデマエXのYoutuberによる立ち回り動画を参考にしてみましょう。

Giraffe氏【疑似2確ハイカス】

疑似2確ハイカスという珍しいギア構成です。

イカ速安全靴ともになしというハードモードです。

相手にもハイカスがいるので、対ハイカスの立ち回りとしても参考になるでしょう。

デス後に直進してローラーにやられますが、あの位置は本当にローラーにやられやすいので、相手のローラーが生きているときは直進しないように注意しましょう。

デス後に左側のレールから復帰していきますが、最初からできるとなおよしでしょう。

X帯なので総合的な立ち回りでカバーできてますが、S+以下では最初からデスしないように意識していきたい立ち回りです。

敵がどこにいるかわからないときは、無理に前進せず引く立ち回りも重要です。

ハイドラ・ハイカスに慣れていない人はここで前に突っ込んでデスしてしまいます。

2回めのゴールのタイミングは味方の連携が上手く決まりました。

こういうタイミングでアサリを持っておけばすぐに入れられるので、アサリは常に集めておきましょう。

疑似2確は発動してなさそうで、ただただ足が遅く動きずらいハイカスでしたがきちんとノックアウトできています。

シア氏【弱い味方と当たってしまったときの立ち回り】

きちんとアサリを集めつつゴールから離れるようにしてヘイトをかっていきます。

しかし味方はそのすきにアサリを入れることができないという驚愕のチーム。

そのうえ味方がどんどん溶けていく弱いチームでの立ち回りの参考になります。

練習中のイカがいるのかもしれません。

味方が撃ち合いに弱く、クリアリングもできず、足場もつくる意識のないチームなので、ハイカスとしては非常に難易度が高いです。

こういうときはハイドラ・ハイカスも前にでてキルを重ねる=前衛ブキの仕事をしていかないと巻き返せません。

もちろんそれに失敗すれば戦犯になりえますが、それをしなければ勝てないチームであることも確かです。

残1分ころの4枚キルはハイドラ・ハイカスの真骨頂でもありますが、それほどに味方がキルをとれないチームです。

ハイプレもちのジェッカスがいるため、特に意識しています。

結果的には23キルノックアウトで勝つことができています。

ハイドラ・ハイカスが本来すべきではない立ち回りもしなければならないチームでしたが、しっかりこなしていくことで勝利することも可能だということがわかりますね。

弱い味方と当たってしまったときの参考動画になるでしょう。